夏の試合あれこれ③

スポンサーリンク

 

知らなかった。

男の子は声変わりが完了すると身長が止まるという事。

先日、「カツオ君声変わり始まってるっぽいね」と言われた。

毎日声を聞いている私にはよくわからないがそう言われたのできっとそうなのだろう。

そして声変わりと成長の関係も教えてくれた。

声変わりすると身長が止まる。

まだ困るって私は言った。

その方は、声変わりが完了するまでに2年位かかるから今たくさん食べてたくさん睡眠をとった方が良いとも教えてくれた。

 

カツオにその事を伝えると、顔色を変えて今まで以上に食事をたくさん食べるようになった。

そりゃもう必死に食べる食べる。

 

カツオは元々よく食べる。

胃袋の限界まで食べる。

それは体重を増やしたいと思っての事なのだけど。

それなのに更に量を増やしているのだ。

胃袋の限界突破。

今が食べ時、眠り時って教えてもらってから2週間ほど経った先日、ご飯をおかわりしたカツオはポツリと言った

 

「オレなんでこんなにご飯たくさん食べる事にしたんだっけ?」

 

糖質の摂りすぎで脳がヤラレてきているのだろうか。

 

 

さて前回の大会と同大会。

2回戦も1回戦同様な試合っぷりを発揮していた。

「カツオ君だ」って足を止めた小さな子は試合をしばらく眺め「あれ?」って言ってそっとその場を離れた。

 

だよねー。

 

攻撃に徹していたがうまくいかなくてドロップやボレーでなんとかポイントを取り首の皮一枚で勝った。

 

今日もダメだったって落ち込むカツオはそれでもめげずに次の試合こそ自分のテニスをして勝つんだと言った。

まだめげない。

 

翌日の3回戦

これはカツオがとても楽しみにしていた1戦だ。

仲の良いお友達なんだけど初対戦。

完全にチャレンジャー的立場なカツオは

「今日こそは攻めて勝つよ!ダンゴじゃ負けないよ!」

(☝️いつも言うやつ)

1回戦、2回戦が無かったかのように意気揚々。

この試合前、時間がまだあるからと私は車でテレビを見ていたらあろうことかウトウトしてしまった。

目が覚めた時には試合開始時間から20分も経ってしまっていた。

コートに向かい歩いていると私の前に横からヒョイっとカツオが現れた。

後ろにいる私に気付かず、なんだか足取り軽く歩いている。

スキップでもし出しそうな、踊り出しそうなそんな感じ。

 

あれ?

なんで今カツオが歩いているの?

試合時間変更になったのかな?

そう思ったがすぐに「あーートイレットブレイクか・・・」って思った。

母は後ろ姿でわかるよ。

あんなにルンルンに歩いているって事は、1セット取れたということ。

この調子で頑張れよ!

そう思いながらカツオの試合コートに着きスコアを見た。

 

0−6

 

ダーーーーーー!!

ンーーーーーー!!

ゴーーーーーー!!

 

このスコアなのによく「絶好調!勝ってます!」的な雰囲気出しまくりで歩けたもんだなー

私はセカンドセットから見る事になった。

1ゲーム目、見るも無残なネット直撃ショットの連続で瞬きをする間も無く1ゲームを奪われる。

この調子の3戦目なので私、見慣れてきた。

 

でも2ゲームからなんだか様子が変わってきた。

それまでコートに入る事のなかったカツオのショットが面白いようにコートに収まり出した。

スポンサーリンク

そして3ゲーム目も更に精度の良いショットがよく決まっていた。

2−1

ここからカツオが調子に乗り出した。

 

このセットを攻め続けて6−3で取った。

運命のファイナル。

ミスを避け無難に繋げていくのかと思いきやカツオは攻めることをやめなかった。

サーブでも攻めた。

相手が無難に入れてくるサーブは叩いていった。

面白いようにカツオの力強い球が相手のコートに決まる。

攻めてミスする事もあったけど、そんなこと気にも止めていない様子。

 

カツオがノリノリな事に相手選手はウンザリしている様子だったが、カツオは本来の自分のテニスの感覚を取り戻していた喜びで足取りがすごく軽やか。

気持ち良いくらいのスコアでカツオがファイナルセットを取った。

カツオがまさかの大逆転で勝利。

 

大会本部に結果報告に行くと「×××君やるねぇー」って言ってもらったそうだ。※”×××”はカツオの苗字

カツオ上機嫌。

 

これは攻めたことでの勝利

ではなく”気持ち”の面が勝敗を大きく左右したのだと思う。

0−6でもスキップしそうなくらい全然諦めていないカツオと数ゲーム取られてメンタルが崩壊してしまった相手選手。

 

試合後、私の見ていないファーストセットの話を聞いた。

「お母さんがファースト見てたらオレに文句がたくさん言えたと思うよ」ってヘラヘラ。

 

イヤミは言ったことあるけど文句なんか言ったことない。(同じか)

「多分ねー取られたポイントの90パーセント以上は俺のミスだよー」とヘラヘラ。

「ラリーなんかにならないし、だって2、3球目で俺がドカンてやってミスするからー」ヘラヘラ。

「〇〇君は俺が全部ミスするからルンルンだったよー」ヘラヘラ。

 

それでもめげずに自分のしたいテニスをし続けたのはチャレンジャーという立場だったからということもある。

この1戦でカツオは確実に自分のテニスを取り戻した。

大袈裟に言えば”カツオの夜明け”だ。

短いようで長かった夜明け。

 

少しして別の大会でこの相手選手と会った時、彼にこの試合の事を聞かれた。

「あの試合はどういう事?」って。

そして2人でその1戦の振り返り(反省)をしたようだった。

 

そのあとの夏の大会はかつてのテニスができ、そして勝ったり負けたりしながらもポイントを増やす事もでき、カツオにとって最高な夏休みになったのだった。

夏休みの試合出場数 8大会

結構出たなー

 

 

カツオは普段あまり褒められた行動はないのだけれど、テニスだけには真剣に取り組む。

コーチに直すよう言われた事はもちろん、自分でこうしたい、こう変えたい、これを覚えたいと思うとそれができるようになるまでとことんやり続け、試合でもそれを習得済み出なくても実戦で試す。

変えていく途中で(一時的にだけど)テニスがうまくいかなくなって、勝てなくなって、変える事をやめてしまう子もいたりするのだけれど、カツオはそこはめげずにやり続ける。

 

カツオの山ほどある短所の中、これは数少ない長所の1つ。

それはずっとそのままでいてもらいたいなと私は思うのだ。

 

夏の振り返りはこれでおしまい。

ここのところ長らく練習をペースダウンしていたカツオ、いよいよ以前に近い感じの練習ができそうとのこと。

でも冬は大事を取り控えめエントリーでいきたいと思う。

 

 

おわり

4 Comments

いち

カツオ君本来の攻めのテニスがちゃんと出来るようになったのですね。
そして、②③①と復活の狼煙をあげたのですね。

大きくなればどうしてもディフェンスの重要性が増しますが、本来の持ち味を殺してこじんまりまとまるのはまだまだ早いですし、もったいないと勝手に思ってたのでとても良いことだと思います。

素直なカツオ君がこれからどれだけ伸びるのか、楽しみですね。

あと、食育頑張ってください!やはり身長は大事ですので。

返信する
tonpari

いちさん

少し道に迷いましたがなんとか短期間で抜け出せました。
攻守ともにバランスよくが良いのかと思いますが、それもまた難しいことですよね。
長い月日をかけ両方を磨いていって欲しいなと思っています。
テニスにだけは愚直且つ、貪欲なのでそこだけはこのままでいて欲しいなと・・・

食育大切ですよね!
息子はバランスというより量で勝負しているようです(笑)
最近、私と目線がだんだん近づいてきました。
見上げるくらい大きくなってくれ!(>人<;)
と神に祈る私です。

返信する
かっちん

へー声変わりが完了すると身長が伸びるのって止まるんですねー。
知らなかったぁ。
身長を伸ばすには睡眠も重要なんでできれば8時間睡眠はさせたいものですよね。
カツオ君の攻撃テニス復活して良かったですねー^_^
全国に行くためには必要なステップだったんですねきっと。
これから、飛躍していくんだろうなー。
楽しみですね!

返信する
tonpari

かっちんさん

そう聞きました〜
女の子もそういうのありますし、男の子もそういう目安みたいなものがあるんだ
なるほどってなんか納得しちゃいましたね。
かっちんさんの息子さんは高身長のポテンシャルをお持ちですので
何もしなくてもグングン成長していくのでしょうね。
いいなー羨ましいなー。
うちは低身長家系ですのでできる事は今のうちやっておかなければってカツオは必死です。
やる事やってー、あとはひたすら祈る!!!って感じですね。
先日「セノビックすげー」っていう会話を小耳に挟んだのでちょっと調べてみようかなって思ってますw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。