鬼の目にも塩水

スポンサーリンク

 

某大会の某1戦

 

対戦相手はカツオの仲のいい1つ年が上の子だった。

 

これまで1回のマッチ練習と2回の3セットマッチの試合で対戦した事がある。

毎回、激アツな大接戦となる。

で、すーんごい僅差でカツオに軍配が上がるのがこれまで。

なのでカツオは無敗なのだけれど、毎回毎回これだけの超接戦になるって事は実力は2人ともほぼ同じなのだろう。

もはや勝ち負けは運でしかない。

 

 

試合に行く前、今日もいい試合ができたらいいねってカツオと話してた。

毎回どっちが勝ってもおかしくない試合なのにどうして最後の最後、カツオが勝ちをもぎ取れるのかねー

って聞いたらカツオは即答した。

 

「気合いの差だね」

 

「いやいやいや、〇〇君だっていつも誰とやるときも気合いの入った全力テニスしてるよね」と私。

 

カツオはシレっと言った。

 

「俺の気合いの方が上って事だよ」

 

アンタ真顔でよくそんな事言えるよね。

 

私の予想通り今回も試合はシーソーゲームになった。

 

それもカツオがこれまで苦手としてきたストローク戦。

ミスがまだ早くはあるけれど、前に比べたらだいぶラリーができるようになったなぁとしみじみ思った。

 

 

カツオが試合しているコートの控えに入っているカテゴリが上の高校生と思われる大きい子が、「これは長くなるな」ってポツリと言った後、「でもめちゃいいラリー戦だな」って言った。

私もそう思った。

U12の競る試合でよくあったロブをひたすらあげてミス待ち。

これはカツオはできなかった。

大の苦手。

我慢ができないってことなんだけど。

カツオもこれまで散々そういう相手と対戦してきたが、ロブのお付き合いはできなっかたししなかった。

U14からは打ち合って勝ち負けを決められるカツオにとっては最高に楽しい場所なのかもしれない。

 

最近は、スンっとして終始真顔で淡々と試合をすることが多いのだけど

この1戦、カツオはとても生き生きしていた。

そして自分や相手のナイスショットに笑顔を見せたりと楽しそうだった。

相手の子も同じように見えた。

 

 

これまでこの友達との対戦でカツオが追いかける形になったのは今回が初めてかもしれない。

だからだろう、楽しさには試合が進むにつれて緊張感も加わってきた。

お互い捨てられる1球などなく全部の球を最後まで追いかけた。

見ていて「あーちょっと厳しいな」って球も諦めきれない。

これは誰もがみんな同じなんだけど。

私は”毎試合それだけ必死にボール追いかけなよ”って思ったり。

 

その極みとも言える一幕があった。

甘いボレーだかドロップだかわからないへなちょこな球をロブで抜かれ、ベースラインに向かってカツオ必死の形相で全力ダッシュ。

もう無理って思ったのだろうカツオはなぜか走りながら突然ニカッと笑った・・・

さすがに諦めたか?

 

まさか・・・

嫌な予感・・・

 

 

 

(やめて)

  

 

(やめて!)

 

 

 

(やめろぉぉーーーー!!!!)

 

 

母の心の声届かず、やりやがった。

 

 

 

股抜きショット

 

 

 

相手の子はどう考えてもボールは返って来ないし、ポイント取れたなとちょっと気が緩んでしまっていたと思う。

 

その渾身の(苦し紛れとも言う)返すだけの緩々ショットはカツオのポイントになった。

 

スポンサーリンク

”決めた”と言うより相手の子が想定外のカツオの行動に面食らって「え?え?ぐわっ」ってなった感じだ。

 

試合で股抜きをしたのはこれで2回目、1回目は今年の夏だった。

もちろん不発(ネット)に終わった。

確かその時も互角の相手で必死の1戦だったな。

 

で、今回カツオ、人生初の股抜きショットでのポイント。

万歳。

 

なんて思えるわけがない。

相手に失礼じゃないのって。

ふざけてるって思われたかもしれないし。

ほんとやめてって。

 

カツオには試合後、「あれはあまりよくないんじゃないの?」って聞いた。

カツオが口にした言葉に私はあんぐりした。

 

「なんで?何の為の練習よ?」

 

練習ぅ??????

 

自主練は今はほとんどしていないし、いつそんな事を練習しているのか・・・

 

カツオはクラブでの練習中、股抜きを練習しているんだと言った。

「さあ今日は股抜きの練習をしよう!」なんてコーチは絶対言わない。

 

カツオはポイント練習やマッチ練習の時に勝手に股抜きの練習を時々していると言うのだ。

コーチからそれを咎められた事は一度もないと。

 

らしいと言えばそうかもしれない。

良く言えばカツオらしい。

カツオの性格を知っている私はいかにもやりそうって思う。

 

コーチ達はカツオが初めてラケットを握ったその日からずっと見てくれている。

カツオの性格を母である私と同じくらい、もしかしたらそれ以上熟知してくれているからこそ、みんながしない事をしたりしても何も言わず見守ってくれているのだろう。(呆れられているとは思わないことにする)

 

精神的に少し大人になって良い意味で型にハマってきてくれたなと思っていたけれど甘かった。

まだ型にハマりきれない右足が1本ニョロっと出てしまっている感じのようだ。

 

 

試合中のこれについては後でコーチに確認を取った。

 

カツオが試合で股抜きをしました。

それってどうなんでしょうか。

 

 

コーチはニャハハハと笑った後、「全然いいですよ!」って。

 

いいのぉ!?

本当にぃ!?

 

そう言われても私としては心からやめてもらいたいってのが本音。

 

その必死さが功を奏したのか・・・どうかは分からないが長時間にわたる接戦をカツオがベリベリ僅差で勝ったのだった。

 

 

試合が終わり握手をするはずの2人。

カツオは先にネット際に居て、相手の子はボールを拾ってからカツオのところへ駆け寄る。

笑顔で駆け寄る。

 

仲のいい友達と試合をするときいつも思う。

勝敗を決める最後のポイントが終わって、負けた方はもちろん悔しがる。

もちろんカツオだってそう。

がっくり肩を落とす。

でも握手するときは笑顔。

 

(カツオの場合、笑顔で握手して帰りの車の中で号泣ってパターンはある。)

 

いいなー

青春だなー

アオハルだなー

って(笑)

 

 

んで、2人は握手をしたんだけど

その握手がすごくよかったって話。

 

2人がしたのは普通の握手じゃなくて肘を曲げるやつ。

なんて説明したらいいのだろう・・・

腕相撲するみたいな握り方のガッチリ握る握手。

自然とお互いの体が近くなるガッチリ握手を2人笑顔で。

大きい男の子はしたりするのかな。

 

まだ小学生のカツオ、ガキんちょのくせに男みたいじゃん。

でも男同士って爽やかでいいなぁ〜

 

 

その光景にドSな鬼の目にウルっと塩水が湧いてきたのでしたとさ。

 

 

 

おしまい

6 Comments

股抜きショットは、立派なショットだし…
練習しないと出来ない、素晴らしいショットですよ(笑)
股抜きしか返せないシーンもあるし、もちろん…プロのテニスプレイヤーも試合でしますから…
全然、OKなショットですよ…

返信する
tonpari

猛さん

そうなんですかねぇ🤔
私にはどうもそう思えなくて💧

もちろん錦織君とかの股抜きは立派なショットですよね。

っということは・・・
それをする人によるってこともあるかもですね(笑)

もっとふさわしい選手にならねばなりませんね。

返信する
さゆはる

「股抜き」「背面打ち」「フェイント」などなど、嫌いな男子はいないですよね。
漏れなくウチの息子も大好物です。
試合でポイントに繋がった事はないですが・・・。
ポイントになったカツオくん、スゴイ✨。
そしてどんどん「漢」感、増してますね〜。
惚れてまうやろ〜〜〜〜!

返信する
tonpari

さゆはるさん

背面打ち、フェイント・・・
私、それは初耳です。
早速調べてしまいました〜

で、びっくり仰天。
カツオ、試合でフェイント何回かやってます_| ̄|○
フェイントっていう技(?)なんですね。
「あいつまたフザけた事してやがる💢」って思ってました(笑)
でも、これはポイントに繋がる確率高いですよね・・・

背面打ちはまだ未経験ですので
このまま知らずに行って欲しいなと思います。
(イチローの背面キャッチみたいなやつですよね?)

息子さんもやはり試合でやりますか・・・
男の子って面白いですね(私)
うちは昔からテニスに限らず「やめてくれ」って思う事をやります。
そんな時は決まって私は他人のフリをするんですけどね。(今回も) 

息子さん、ポイントに繋がった時は是非ご報告を!
お待ちしてます!!

返信する
かっちん

そういう相手がいて、思いっきりプレーができて、勝っても負けても、笑顔でがっちり握手できる。
いいですねー。
うちの愚息の仲の良い2個下の子は、負けると、めちゃくちゃ機嫌が悪くなって、ろくに挨拶しません。
で、態度が悪いと親とかコーチに怒られてます笑笑
うちのは、チンチンに負けても、相手から結構話しかけられて色々話したりしてます。害がないと思われてるんでしょう笑笑
でも、高いレベルでヒリヒリした楽しい試合経験して欲しいです。
ベイビーステップの、エーチャンですね^_^

股抜きショット、立派なショットですよ。普段やってないと、狙ってできるものではないですからね^_^
ポイントはポイントです笑笑

返信する
tonpari

かっちんさん

握手が男っぽくてすごくよかったんですよ〜
ジュニアの女子ではきっとない光景でしょうし、
一応女子の私も経験がありませんし。

息子さんのお友達はきっと負けず嫌いで、年齢もまだ低いからなんでしょうね〜
確かに負けると握手さえまともにしない子はよく見かけますが、
小さい子に多いような気がします。
それもまた小さい故にカワイイなぁと感じますよね。
まあ、我が子だったらブッ飛ばしますが(笑)

ポイントはポイント、確かにそうなんですがなーんか腑に落ちないのも事実です。
(私、個人的に)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。