トキめいた一言

スポンサーリンク

 

ダブルスのお話。

 

カツオは色々な子とダブルスを組んで試合に出た話は以前した。

当たり前のことだけど色々なタイプ(プレースタイル)の子がいて、それぞれみんな違った言葉をかけてくれる。

 

その中でカツオが試合中言われて一番トキメいた言葉。

 

 

「カツオ、どんどんバコって良いよ!」

 

 

カツオはこの言葉がとても嬉しかったと言う。

 

 

では遠慮なくとばかりに、おもう存分フルスイングしていった。

 

カツオが叩いてミスしても「いいよいいよバコれバコれ」って言ってくれたんだとか。

3−5の40−40の場面でもノーアドってわかっているのかなって思ってしまうほどのフルスイングでボールを叩いていった。

 

(アイツ頭ブッ飛んでるの?)

 

その後カツオのサービスゲームの40−40。

ファーストサーブを思いっきり叩いた。

ほんと心臓に悪い。

この時のサーブの件は試合後相手ペアの子達が話しかけてきてくれて「あの場面であればヤバイだろw」って。

お友達ではなく話をしたこともないとても強い中学生。

カウントもゲーム数も競っているという状況を考えずフルスイングしていったことにとても驚いたようだった。

呆れたというのが正解なのかな。

 

でも周りを見ていると、ダブルスもシングルスも同じような場面、みんな躊躇なく攻めている。

たまたま見てた子達がそうだっただけなのか?

でもこれがU14なのかと思うと・・・

気持ちいいな。

 

ダブルスの場合カツオはカツオなりにミスをしたら悪いと多少遠慮がちになるようだ。

それに気がついたのかどうかはわからないけど試合中そう言ってくれたペアの子。(この時も即席ペア)

カツオの持ち味はそこしかないのを知っていたのかな。

それを引っ込めてしまったらカツオのテニスは特に特徴がない。

 

 

この試合は惜しくも負けてしまい真顔でコートから出てきた。

スポンサーリンク

 

ペアの子とバイバイした後・・・

 

 

カツオは満面の笑顔になってペアの子が言ってくれた言葉を嬉しそうに私に教えてくれた。

そして言った。

 

 

「負けたけど楽しすぎてヤバかった」

 

時と場面を考えて球を打ったらどうかなと言った私に

「え?どんどんバコっていいって言ってくれたんだよ?だから俺らしく攻めていったんだよ。」

 

 

真剣勝負の負け試合を楽しかったなんて言っている時点でまだまだ甘いのかもしれないけれど、やりきった、出し切ったという完全燃焼感があったようだ。 

真顔だったのはカツオなりに負けたからペアの子の前でヘラヘラするわけにもいかず一応神妙な顔をしていたようだ。

 

カツオは「とりあえず入れれば良いから」ってバコらずいくよう言われたこともある。

カツオは叩いていくタイプなのでそのぶんミスも多い。

精度も低いし。

なのでそれは良い作戦で、ミスを減らし手堅くポイントを取って行こうというとても賢い方法だと思う。

その時のカツオも納得してその作戦に乗った。

 

どっちが良いのかは勝ち負けの結果論になってしまうけれど、両方が負けたという結果からするとカツオの性格上今回のこの全力パターンの方が今後に生きて来るのかなと私は思ったり。

 

勝つことに強くこだわり安定の道に行くのか、自分のプレーを貫き通すことを第一に考えるのか・・・

カツオの場合、前者だといいことないのは実証済み。

(特にシングルス)

勝つ時も負ける時もフルスイング、これがカツオのやりたいテニス。

 

ただひとつ、母が思う事は

ダブルスで自分勝手にバコリ散らかすのだけはやめて欲しい

という事かな。

 

 

この試合後、結果報告をするとコーチに「カツオはダブルス、好きか?」って聞かれてた。

 

 

「大好きです」

 

 

食い気味にそう答えたカツオなのだった。

 

 

 

おわり

2 Comments

かっちん

なんか良い話ですね^_^
ペアだった子は、カツオ君のボールの威力をわかっててそう言ったのでしょうね。
バコってて、それがスピンが効いてコート深くに突き刺さるようになったら、正直最強ですよね笑笑
うちの子はバコれないしシコれないし、ただ淡々と打つだけなので、羨ましいです^_^
っていうか、闘争心わけてください🙇🏻‍♂️

返信する
tonpari

かっちんさん

ボールの威力と言うかカツオの持ち味を知っていてくれたんでしょうね。
とあるボレー(前衛)が上手な子がダブルス組む際、
後ろでガンガン打ってくれる子を探すってパターンを先日聞きました。
みんな色々考えてダブルスペア探しするんですねー。(県ジュニアのペア探し)

闘争心?
うちの息子は闘争心があると言えるのか・・・・
勝ちたいと強く思っているだけだと思います。
息子さんも”勝ちたい”って強く思うようになった時
練習や試合もそれを意識したものになるように思います^^
っと言っても別にそうならなければいけないって事もないですし
息子さんのペースでテニスをするのが一番ですね!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。