未知との遭遇

スポンサーリンク

 

カツオ、もう何年も風邪という風邪をひいたことがない。

 

毎年毎年ご丁寧に風邪をひく娘と夫。

 

今の時期カツオに言うことがある。

 

「風邪をひくなら今だよ」

 

今ならまだ風邪をひいてもギリ大丈夫。

1週間ずれると大惨事になるからね。

 

インフルだったらアウトだけど。

 

 

そして私もこの10年風邪で寝込んだ事はない。

風邪菌もビビる無敵母子だ。

 

 

 

カツオ、とってもありがたいご指名を頂いた。

それはとある大会の試合前のアップのお相手。

他県の全国レベルの選手。

 

 

それもJK❤️

 

 

たまにここにも書くことがあるが、カツオのクラブにはちびっこ以外の女子が1人しかいない。

中2の子ただ1人。

カツオは普段この女の子と打ち合うことはほとんどないので女子とまともに打ち合った事がない。

 

カツオにこれこれこういう強い子からアップ相手のご依頼があったと伝えると

「試合できるってことー!?(≧∀≦)」

とテンションが上がった。 

 

人の話聞いてた?

”試合前のアップ”って言ったよお母さん。

女の子はどんな球を打つのだろうか。

そして全国レベルの女子とはどんな感じなんだろうか。

 

ワクワクしてその日を迎えた。

滞りなく1時間の練習を終え、その女の子は試合会場へ向かった。

カツオは車に乗り込み、パタンとドアを閉めると開口一番こう言った。

 

「”とりま”ってなに?」

 

『あとちょっと時間があるからとりま4ゲームしますか』

JKちゃんはそう言ったらしい。

前後の言葉から4ゲームするって事はわかったのだけど”とりま”の意味が分からずずっと頭から離れなかったらしい。

 

”とりあえず”って事だよと私は教えた。

 

「さすが全国レベルだ。使う言葉がかっこ良すぎる」

 

 

その後、私たちも試合を観戦し勝利したJKちゃんとそこでまた顔を合わせた。

 

JKちゃんは試合後親御さんにこう言った。

 

「ゲロつまらなかった」

※圧勝だったので※ 

カツオ、その場ではスンとした顔をしていたが、帰り道の車の中で

「さっきゲロって言ったよね。高校生の女子って面白い言葉を使うんだね。」

 

 

カツオの年頃の男の子は”クソ〇〇”とか”バカ〇〇”とかなのでとても斬新な言葉に聞こえたようだ。

 

まあ、そんなこんなで初めて強い女子、それも高校生と打ち合うという初めての経験をしたカツオ。

強いし上手なのは私からの事前情報で承知していたカツオだが、実際にラリーしたりゲームをしたりするとさすが全国レベル、なるほどなって思ったようだった。

 

やっぱりうめえ。

試合しても勝てる気がしない。(当たり前だ!)

フラット気味の跳ねない球に苦戦した。

でもあの〇〇欲しいわー。

※〇〇はJKちゃんの得意なショット

 

そう言っていた。

今回、カツオはとってもいい体験をさせてもらった。

女子と言えどもこのレベルまで来ると球も早いし力強い。

スポンサーリンク

カツオの周りにはいない全国を毎年経験しているハイレベルな子とのヒッティングはとっても貴重な経験。

 

また一緒に練習してくれるといいねーって私が言うと、

「練習はもちろんして欲しいけど、試合もして欲しいなぁ。」

 

 

機会があったらお願いしてみようね💦

 

 

 

カツオ、昨日練習から帰宅すると「悔しい、悔しい、あー悔しい!」ってずっとブツブツ言っていた。

 

昨日は他クラブからの移籍希望者が体験に来たとのことだった。

 

その子はJK!

地元ではちょっと名の知れた女の子。

全国も何回か出た事あるんじゃないかなー。

よくは分からないけど。

 

JKちゃんと6ゲームマッチをするようコーチからの指示。

 

カツオ、JKは経験値が1ある。

2度目のJKなので少し気持ち的にも余裕があったようだ。

そうそう男は余裕を見せないとね。

年上女子に照れてオドオドしてたらダサいからね。

 

 

 

 

サウスポーの彼女はグリグリのスピン系。

割と最近たまたま彼女の試合を見たのでカツオもそれは把握していた。

 

6−7(6)で負けた。

 

 

高校2年生とそれだけ戦えたら今のところは十分じゃないかと私は言った。

 

本当だったら勝てた試合だったんだとー。

”本当だったら”って、この結果が本当なんだけどねーって感じ。

 

 

カツオは言った。

 

「今の俺のフォアは腐ってるから」

 

 

フォアハンドって生物だったけな。

 

フォアが腐ってなければ・・・ってことらしい。

 

 

カツオはここ最近フォアハンドの調子が悪いのは私も知っていた。

最近て言ってもほんと最近、ここ1週間くらい。

練習の後、フォアがフォアが言ってる日が続いている。

どうにもうまく行かなくて、でも原因は自分でもなんとなくわかってはいるんだけどどうにもならない。

 

カツオはフォアメインで今まで来たし、自分の武器はフォアだって言う。

そのフォアがコートに収まらない最近、苛立っているところもある。

 

 

夏過ぎからそこそこ勝ってこれて良すぎた反動もあるのかも知れない。

でもこの時期の不調はヒジョーにまずい。

 

各都県ドローも続々と出揃って来ている。

もう始まる。

フォアが腐ってしまったこのタイミング。

やばい。

ピンチ。

窮地。

 

 

大きな大会前に何かしら起きるというよくある”あるある”。

カツオも毎年何かしら言っている気がする。

 

どうするんだろカツオ

って思ったら

 

 

「その代わりバックがバカ調子良いから、今回それで乗り切るわ(*・ω・)ノ」

 

 

 

ほうほう・・・

腐ってしまったフォアを捨て、鮮度のいいバック勝負か。

 

 

 

 

 

あーーー嫌な予感しかしない。

 

おわり

2 Comments

さゆはる

そんなに強いJKからのご指名があるなんて、
カツオくん超有名人なんですね✨。
しかも対等に打ち合えるなんてスゴイなぁ。
ウチの息子は非力なので、
あの女子の超高速どフラットにはついていけなさそうです(^^;)。
2人目のJKはグリグリ系なんですね。
女子ってみんなどフラットのしばきあいみたいな感じなのかと思ってました・・・。

返信する
tonpari

さゆはるさん

しばきあい(爆笑)
私とそのJKちゃんの親御さんは知り合いです🤗
さすがに見ず知らずの強い子からご指名は有り得ないですよ〜

女子はフラットなイメージ有りますよね!
私もそう思っていたのですが男子同様スピン系の子もいるんですね。
しかもそのスピンのJK、股抜きがメチャ上手いようです!(◎_◎;)
男子並みだったとカツオびっくり(笑)

入会してくれたら楽しくなりそうです☺️

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。