【カツオの見解】日大アメフト部の一件について

スポンサーリンク

「潰せ。相手選手が怪我をして、秋の大会に出られなければ自分のチームにとって得」

耳を疑うような言葉だ。

 

先日の加害者である宮川君の会見に私はまたしても涙が止まらなかった。

加害者となってしまった彼は20歳で学生という立場にも関わらず、名前や顔を公に晒し誠心誠意謝罪をしていた。そして今後の選手復帰もしないという決断を口にした。悪質タックルをしてしまった直後、彼は号泣したという。任務を果たしたという達成感などあるはずもなく、ただただ後悔しかなかったのであろう。

監督の脅迫とも取れる指示に服従せざるを得なかった彼に心底同情する。逆に諸悪の根源である監督は心底軽蔑する。

相手選手に怪我を負わせただけでなく、自分の教え子に一生消えることのない大きな心の傷を負わせ、更には選手としての未来をも奪い取った。

両選手にどのように謝罪し償うのであろうか。

 

私は心の中で監督の事を「クズ野郎だな」などと思っていたら、カツオが言った。

スポンサーリンク

 

カツオ

このチーム(日大アメフト部)は弱いの?

 

お母さん、よく知らなーい

 

カツオ

相手チームはそんなに強いの?

 

それもお母さん、よく知らなーい

 

カツオ

勝ちたいんだったら、そんなゲスい作戦立てるより、相手よりたくさん練習すればいいだけの事なのにね。オレだってみんなにボコられまくってきたけど、相手よりたくさん練習してボコられた相手をボコり返してるし。勝ちたかったら普通そうするでしょ!

注)カツオの言う「ボコる」は殴るという意味ではありません。念の為・・・

 

 

あの白毛のおっさんにそれ教えてあげなよ。

 

 

 

歳ばかり取って地位や名誉、実績があるかなんか知らないが、たかだか10年しか生きていない子供の方がスポーツマンとしてのあり方を100倍知っている。

 

私はあんな汚い大人にはなりたくない。

 

 

 

 

おわり

2 Comments

monndora

学生が部活動の件で個人で会見して、その翌日に慌てて大学が会見をする。
しかも、学生はしっかりした態度で具体的な内容を話して、学生日本代表になるほどの実力なのに競技を辞めるとまで言ったのに対して、大学の会見は学生が嘘を言っていると暗に表現して保身ばかり。大人としても、人としてもどちらが信じられるかは一目瞭然でしたね。

この問題は学生スポーツの域を超えた問題になってるので今後も注目ですね

返信する
tonpari

monndoraさん
監督、コーチの会見は本当にひどいものでしたね。真実はどっちなのか、それは当人達にしか分からない事かもしれませんが、monndoraさんが仰るようにどちらが信じられるかは誰もが同じかと思います。
これが名門チームのトップなのかと思うと、驚きます。1つ1つの質問に誠実に答える選手に対しそれを全否定するかのような指導者達。怒りを通り越して笑ってしまいますよね。期待に胸を膨らませ、入学したその結末がこんな形になってしまうとは・・・。本当にやりきれません。
真実を究明すべきだと思います。でなければ、加害者となってしまった選手が救われませんよね。
元監督、心労で入院しちゃいましたね。なんか悪さした政治家みたいですね(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。