テニスの神様に足を向けて寝てやろうと思っているお話

スポンサーリンク

 

皆さん、突然ですがイップスに陥ったテニス選手を見た事はありますか?

 

私は目の当たりにしています。

それは”悲惨”という言葉を使っても良いくらい深刻なものです。

 

私はテニスの神様に「なんでだよぉー!!」と鉛の球100球ぶつけてやりたい気持ちです。

 

カツオでもハナコでもありません。

カツオの同志のH君(現在中2)のお話です。

 

H君についてはこちらの記事をご覧ください。

カツオの同志

 

H君は私にとって、ただの『子供のクラブの仲間』ではない。

私自身、H君と行動を共にする事も多く、また、カツオの同志でもある彼には”子供のテニス仲間”とはまた違った思いを私は持っている。

 

 

イップスという言葉は聞いた事があった。

それはゴルフ選手によくある事だと思っていたが、野球やテニスにもあるのだという。

10年、20年と同じ競技をしている選手に陥りやすい物だと認識していた。

そして、精神の病、治らないもの、とも聞いた事が・・・・

でもネット情報では克服した方々も多くいるようだし、それと戦いながらも選手として続けている方もいる。

克服方法などと書かれた記事があるが、それで治ったらみんな苦労はしていない。

 

 

H君はまだテニス歴4年。

イップスに陥るテニス歴でも無い気がするが、その症状はスランプ(不調)ではなくイップス(運動障害)としか考えられない。

 

症状は、フォアハンドのみ。

フォアがコートに入らないのだ。

全く入らないのだ。

打てばネットの下段に当たるか、フェンス直撃の特大ホームランになる。スライスだと3割程度の確率で相手コートに入る。

ストロークが上手だったH君がまるで別人。

ちなみにフォア以外はほぼ今まで通りに打てる。

(私が見ているのは試合の時のH君。聞くと練習時は試合時よりはまだいくらか良いようだ。)

スポンサーリンク

 

本当に不思議でならない。

なぜ今までできていた事がピンポイントで、フォアハンドだけできなくなってしまうのか。

 

H君は今までクラブの誰よりも真面目に、そしてひたむきにテニスに打ち込んできた。進学も通信高校を希望し、テニスで生きていきたいと強く思っているのだ。

 

そんな子になぜ、こんな仕打ちをするのか。

テニスの神様に愛されるべき子が、なぜこんな罰を受けなくてはならないのか。

 

症状が出てからかれこれ2ヶ月位になる。勝てるはずの試合にも全く勝てず、初級者程度の子にも負けてしまう。

カツオでさえストレートで勝った相手に「負けちゃいました」と俯く彼・・・

なんて言葉をかけたらいいのか私には分からない。

もう気持ちが折れてしまいそうなくらい落ち込んでいる。

見てるこっちも切なく、泣けてくるほどだ。

 

 

コーチはH君をとても重症だと言う。

でも試合には今まで通り出るよう言っている。

 

試合に出続けて、勝てるはずの相手に負け続け、折れそうになっている彼の心はポキっと折れてはしまわないだろうか。

 

コーチは来年の県ジュニアまでにはなんとかしたいと思っている。

フォアを元に戻すと言う考え方ではなく、新たに1からフォアをやり直す、言わば”再インストール”的な感じでやっていくのだとか。

 

コーチ、現状を改善とかではなく、ちゃんと元のH君のフォアハンドにしてください。

カツオの練習なんかしなくていいから、早くそれやってH君を元のH君にしてください。

勝とうが負けようがそんな事は二の次で、前のようにフォアハンドをブン回し、生き生きと全力で戦うH君の姿が見たいんです。

 

 

そしてテニスの神様、

H君はテニスが大好きで、テニスが彼の全てです。

H君からテニス選手として最も大切なフォアハンドを取り上げたあなたが許せません。

一刻も早く返してください。

 

さもないと私の得意技、

アンディフグ並みのカカト落とし100連発をあなたに喰らわせる事になりますから。

私、本気です。

 

 

 

おわり

 

 

追伸

イップスではなくただの不調で、ある日ケロっと元に戻って・・・

「心配して損したね!!」とH君のお母さんと一緒に笑う。

 

そういう結末を切に切に願う。

 

2 Comments

さゆはる

「イップス」って、初めて知りました(・・;)。
tonpariさんのブログには、新語がよく出てくるので、勉強になります・・・(^◇^;)。

H君、何か精神的にダメージを受けるようなことがあったんでしょうか?心配ですね。

以前、急に身長が大きくなったり、身体が大きくなった子が、いつも通りのストロークが打てなくなるっていう話を聞きました。
確か、高校生くらいの子だったと思います。
すごく強い子だったみたいですが、急に身長が伸びたせいで、いつも通りに球に入っていくと、打点がずれてしまって、上手く打てなかったそうです。

H君も、成長にフォームが追いついていないだけだといいですね。
それなら、ちょっと打点や入り方をずらすだけで、すぐに元に戻れそう(^ ^)。

返信する
tonpari

さゆはるさん

新語が共有できてよかったです(笑)
私もその言葉を知ったのは1年位前です(^^)ゴルフだけのものだと思っていたのですがテニスにまであるとは・・・
急激な成長に伴う、フォームの崩れだったら良いのですが・・・、私の見た感じ急激に身長が伸びているという事はなさそうです(;_;)
1日でも早く普通に戻る事を願うばかりです。
私、気になり過ぎて、毎日練習後にカツオに「H君今日はどうだった?どうだった?」と聞くのですが、最近では我が子に露骨に鬱陶しがられています(笑)

成長期に打点がずれてフォームが崩れてしまう事、頭に入れておきたいと思います!いつかカツオも急激に身長が伸びる日が来るかもしれませんので♪(願望)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。