世界が輝いて見えるよ!

スポンサーリンク

 

表題の言葉はカツオが言った言葉だ。

 

なかなかの詩人だ。

 

なぜそんな言葉が出てきたのかと言うと、なんのことはない・・・コンタクトデビューをしたからだ。

カツオの視力は両目とも0.2で、なかなかの低視力。

以前メガネを購入したことは記事にしたのだが、メガネをかけてテニスをしたことは一度くらいしかない。

「メガネじゃまくせー」と言うのだ。

 

いやいや慣れれば大丈夫だから。

みんなメガネかけてやってるし。

 

そんなカツオ、私にコンタクトをねだってきた。

「今はほぼ”感”でやっている状態なんだけど、最近はラインも見えにくくなってきてる」

と言うのだ。

 

仕方ない。

テニスの時だけコンタクトをするようにした。

 

コンタクトを付けて初めて練習をした日の帰り道。

色々な看板の灯りや信号の灯り、そして空の星にとても感動していた。

スポンサーリンク

 

「こんなに綺麗だったのか」と。

 

 

本格的に詩人だ。

 

 

そして

「ボールの回転もよく見えるし、相手の表情やグリップの握りも全部見える・・・俺コンタクトにしたから強くなれるかも!」

 

 

それね。

 

 

お母さんもお姉ちゃんの時すごく思ったよ。

 

見えるようになったから、”もしかして!”ってね。

 

でもお姉ちゃん、なーーーーんにも変わらなかったんだよね。

 

 

 

そしてカツオもやはり見えないでテニスしていた時と、見えるようになった今、

何にも変化は無いのだった。

 

 

強いて言うならーー

 

 

相手のミスジャッジがはっきりとわかるようになってしまった

 

 

と言うことだろうか。

 

 

 

 

次回に続く・・・・

 

 

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。