あまりにも低すぎる!(怒)

スポンサーリンク

 

昨日の事、カツオは言った。

 

 

「親が一生懸命な子は強いんだよ」

 

「テニスの話?確かに確かにー」と私。

 

 

私の顔をジーっと見て、カツオ何か言いたげな顔で

「・・・・・・・・・。」

 

 

「なんすか」と私。

 

 

まーさーかと思うけど

私が一生懸命じゃないから自分は弱いとか思ってるのか?

 

 

「じゃあ質問、お母さんはカツオのテニスに対する一生懸命さは何%?」と私。

 カツオはヘラヘラしながら言った

 

 

「いいとこ3%だね」

 

 

 

は!?

ギャグで言ってんの!?

確かに目に見える一生懸命さはないかもしれないよ?

スポンサーリンク

でも誰よりもカツオを応援しているし、一生懸命お金払ってる!(笑)

体の心配だってしてるしね!

ついでに送り迎えだって面倒臭いけど頑張ってる!

注:口には出していません

 

私はもっと”熱心な親”にならなければいけないのだろうか。

そうすればカツオはもっと強くなれるのだろうか。

でもどうすればなれるのだろう。

わからなすぎる。

 

 

カツオの低すぎる私の評価に返す言葉が見つからず

『きっとカツオは百分率を知らないんだ』と自分に言い聞かせた。

 

 

試合会場で日の丸のハチマキ巻いて、妙に一生懸命なふりをしている母親が居たら私だと思ってください。

 

 

おわり

 

8 Comments

monndora

私は高校からテニス始めましたのでジュニアは分かりませんが、部活の大会で親が見に来ていた人は周りではいなかったですね。
学校以外のジュニアの大会でもほんの僅かいるか、いないか(いても超強い子)でした。なので、小中学生はちょっと違うのかなと思いました。
部活じゃなくて、自分でテニスをやると決めて、習い事と同じように通われてますしね。

親のサポート…難しいですね。
テニスのことはコーチが一番詳しいですし、反抗期になればアドバイスも聞く気にならないだろうし。私は子供がテニスやってくれるとしたら、一緒に練習つきあったり、話を聞いてあげることくらいなのかなぁと思ってます。
※技術的な部分は自分も詳しくないので、教えることはできないのかなと

やはりそこは同じジュニアの熱心?な親に聞いて、良さそうな所を取り入れる でどうでしょうか?
熱心すぎる人にアドバイスを求めると、ものすごい話をされそうで怖い気がしますが…

返信する
tonpari

monndoraさん

今は部活の大会も親が見に行く事が普通のようです。
と言っても私が知るのは中学の部活ですが・・・
私の時代はどうだったかな・・・と記憶を辿ってみましたが、全く思い出せません(笑)
子供の成長は親の楽しみですし、時代なのかなとも思います。

部活外の大会はコーチが来てくれる訳でもないので、かわりに親が。。。となるのでしょうね。
うちのクラブにテニスの経験はないけれど、すごくテニスに詳しいお父さんがいます。
きっと我が子の為にたくさん勉強しているんだろうな、すごいな〜と尊敬してしまうのですが、
見習って自分も勉強するのかといったら”全くしていない”です。
これじゃ3%って言われても仕方ないですよね〜
まずはそのお父さんに弟子入りする事から始めたいと思います(笑)

P.S.
後日ご連絡させて頂きます(^_^)

返信する
さゆはる

親の一生懸命さって大事ですが、強くなる事・勝つ事に必死になりすぎて、大事な事を見失いがちですよね💦。
ウチも主人とたまに頭を冷やそうと、お互いに(ってか主人の方が熱くなりがちですが)気を付けてます。

なのでtonpariさんの適度な距離感、いつも勉強になります✨。
毎試合かぶり付きで観戦しない所とか、
練習を一切見ない(というか見れないんでしたっけ)所とか。
カツオくん!お母さんはとてもいい距離感でカツオくんを応援してるよ!
一生懸命すぎるのは、よくないんだよ!・・・と言ってあげたい!

ウチの息子もこの春からは中学生。
「適度な距離感」で接していかないと、こっちがもたないってのが正直な所なんです(~_~;)。

返信する
tonpari

さゆはるさん

私は子度胸なのでじっと見ていられないんです。
1試合丸ごと見る事も勿論ありますが、できればちょっと見るくらいがいいかな・・・
でもコーチに「今日の試合どうでしたか?」ってたまに聞かれるんです。
「あまり見ていなかったので・・・」と言うと苦笑いされますよ(笑)

カツオはお風呂上がりに股関節のストレッチをほぼ毎日します。(柔らかくしたいらしい)
私としては睡眠時間確保の為さっさとご飯食べて1秒でも早く寝て欲しいと思って「そんな事いいから早くご飯食べて!」って言ってしまいます。
昨日もその言葉を言った後ハッとしました。
カツオが言っているのはこういう事なのかもって。
カツオがテニスの為にしている事を「そんな事」って(笑)私ヒドくないですか?(笑)

子供との距離感は難しいですよね。
カツオが望むなら熱心母にチェンジも考えなくてはいけませんが、カツオはそれは望んでないような気もします。
無知な母親は自分の思うように適当に言いくるめられて都合がいいですからね(笑)

でも熱心な親御さんの子は強い、強い子の親御さんは熱心、それは確かな気がします・・・。
親子2人三脚(三人四脚)って感じなんでしょうね!
ちょっと憧れます。

返信する
かっちん

「親が熱心な子は上手」逆のことも聞きますよね。うまい子の親は意外にドライ。
うちの子供が通っているクラブでは、コーチにガミガミ言われ、親にも厳しく言われてたという子供がテニス嫌になってやめてしまうということがありました。
熱心すぎるのも考えものなんですかね。
…やばい、気をつけないと(T_T)

返信する
tonpari

かっちんさん

「うまい子の親は以外にドライ」は初めて聞きましたΣ(・□・;)
そんなパターンもあるんですね!

うちのクラブはプレーに対する親の口出しは厳禁とされているんですよ。
だからですかね、私がテニスを勉強しないのは・・・なんて言い訳です(笑)
子供の個性にもよるんですかね〜
お父さんやお母さんが自分のテニスに一生懸命になってくれて嬉しいと思う子もいれば負担になってしまう子もいたりとか・・・

えっ!!
かっちんさん熱心ですか?
だとしたら、弟子入り先はかっちんさんにしようかな・・・・・(笑)

返信する
いち

多分私は1%もないと思われてます(笑)。

親の心では子知らずですね。

それにしても、カツオ君面白すぎます。そういう子供が欲しかったです。

返信する
tonpari

いちさん

そうなんです!!!
まさしくそこなんです!!!
ほんと「親の心子知らず」ですよー。
いい事言ってくれて有難う御座いますm(._.)m

でもでもさすがに1%って事なないのでは・・・・

だって私でさえ3%もありますよ??(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。