念仏?おまじない?

スポンサーリンク

 

そろそろ県ジュニア。

 

ダンロップ選抜ジュニア

全国ジュニア(県予選)

小学生大会

 

なぜ全国ジュニア(県予選)が最も重要視されるのだろう。

 

兎にも角にも県ジュニアが間近に迫っている。

カツオはいつになくちょっとおセンチ気味のようだ。

選抜県予選の時は楽しみという気持ちしかなかったようだが、県ジュニアは緊張しているように思える。 

 

 

つい先日の寝る間際のこと・・・

 

「一番練習して来たのは誰?」

「それはオレ」

「たくさんボールを打ってきたのは誰?」

「それはオレ」

「練習で誰よりも走ってボールを追いかけたのは誰?」

「それはオレ」

「じゃあ勝つのは誰?」

「それはオレ」

「そう、大丈夫・・・大丈夫・・・オレが絶対に勝つ」

 

 

 

 

スポンサーリンク

これは私とカツオの会話ではない。

驚くなかれ

これ全部カツオ1人で言っていた。

1人コール&レスポンス(笑)

 

ブツブツブツブツ・・・・

ブツブツブツブツ・・・・

 

笑ったら悪いから私はひたすら堪える。

でも腹筋崩壊寸前。

 

きっと不安で不安で仕方がないのだろう。

県内他クラブの子がどれだけ練習してきているのかはハッキリとはわからない。

だけど自分もたくさん練習してきたという思いがある。

自分が一番たくさん練習してきていると自分に言い聞かせ、だから誰にも負けないんだと自分を奮い立たせる。

かっこよく言うとそんなところだろうか。

 

かっこ悪く言うと

「怖いよぉ〜すぐ負けちゃったらどうしよぉ〜」とビビっていると言う事。

 

さあ、カツオは大切な大切な県ジュニアで男になれるのだろうか。

 

 

おわり

10 Comments

のんパパ

緊張しますよね!是非力を発揮してきてほしいです!

のんも邪魔になりそうな気がしますが県ジュニアU12に参戦します(笑)
可愛がってくれるお姉ちゃんと唯一戦う機会がある大会なので頑張ってもらいます!

返信する
tonpari

のんパパさん

おぉ〜〜!!!
参戦いいですね〜〜!!!
でも可愛がってくれているお姉ちゃん倒しちゃったら、お姉ちゃん泣かせてしまいますね(笑)
カツオもきっと頑張りますのでのんちゃんも頑張ってきてくださいね!!!
応援してます(^_^)

返信する
いち

やはり全日本ジュニアが一番格が上と思われてますから、それはしょうがないでしょう。

うちの子も11歳の時シードでコケて関東行けなかったので、今でも「ヤバい。もし負けて関東いけなかったらどうしよう」と言ってます。子供に取っては全国につながる一発勝負の大会なので、緊張して当たり前ですよ。

そうやって不安を取り除こうとするカツオ君はかっこいいです。

返信する
tonpari

いちさん

そうなんですね〜
逆に小学生大会はU12とはまた違うので全日本ジュニアよりは少し下・・・というイメージでしょうか。
この県ジュニアの為にみんな1年間頑張ってきているって言っても過言ではないので
みんな超本気・・・ですね。

娘さんレベルの選手でも過去にそんな事があったとはΣ(・□・;)
『勝って当然』と思われてるプレッシャーでの中での戦いは精神的にもキツいでしょうね💦

うちは昨年の県の小学生大会は当日まさかの体調不良でした。
体調もそうですが試合中も何が起こるか分からないので
せめて(私が)できる準備だけはしておこうと思います!

『かっこいい』有難う御座います(*^^*)

返信する
みかみさん

ジュニアスポーツ全般に興味があり、以前からたびたび拝見させていただいています。

わが子も少年団でスポーツをやっているので、以前紹介されていた、カツオくんの
テニスノートにも、とても関心させられ、ずっとひそかに応援しています。

今回の記事、思わず書き込んでしまったのは、お母様は可笑しく親しみある記事に綴
ってはおられますが、カツオくんのなみなみならぬ意気込み、一人の父親としても本
当に頭が下がります。

わたしはきっと他のかたとは少し意見が違うと思うので、気分を害しましたらお詫び
します。

読んで改めて思うのは、全国大会があるから、小さな子供がここまで頑張ることがで
きるのか、全国ブランドだから、小さな子供がここまで思いつめないといけないのか。
テニスに限らず、ジュニア期の「育成」とは何かについて、考えてしまいます。
長いプレイ人生で、どの時点でどうなっていたいのか。そのために今何をしておくの
が正しいのか。何を避けなければいけないのか。

それを考えるためには、日々の戦績が気にかかりつつも、もっと広く長い視野が必要
です。しかし日本のスポーツ環境の独特な点は、とりまく大人もプレーヤ本人も、自
分の競技のことしか知らない、興味がないという点です。野球のひとはひたすら野球、
テニスはずっとテニス。指導者さえそう。これはおそらく日本の部活文化由来の大き
な弊害です。

わが子がやってるわけではないのですが、いろいろ論評を探しても、マーケットの大
きさからか、サッカーから多様な考えに触れることができ参考にしています。もちろん
これが正解かは誰もわかりませんが、一つの考え方として、ぜひ一読ください。

https://ddnavi.com/review/421817/a/
https://article.auone.jp/detail/1/6/11/112_11_r_20190102_1546412172328372
http://keikun028.hatenadiary.jp/entry/futbol_japon10

サッカーはチームスポーツだから、テニスとはちがうという見方もあるでしょうか。
わたしも(どちらもかじった程度の身としては)一対一ではっきりと勝ち負けが決
まるテニスのほうが、はるかに精神的に過酷だと思います。

こんなにもテニスが好きでひたむきなカツオくんが、きっと夢のステージにたどり着
けることを、心より応援しています。ぜひ心にゆとりをもって、大きい視野でサポー
トしてあげてください。失礼しました。

返信する
tonpari

みかみさんさん

こんにちは!
コメント頂き有難う御座います(^_^)
リンク先の記事、興味深く読ませて頂きました。
現在、真逆の状態で苦笑いです・・・
有難う御座います!

ジュニアテニスはとても『独特』だと思います。
私も全く知らない世界だったので初めはとても衝撃的でした。
しかしジュニアテニス界にどっぷり浸かり4年弱、
異様と感じたこの世界もこれが普通という感覚になってしまっている事に気が付きました。

同じクラブの親御さんたちもテニス経験のない方ばかり。
そんな親御さん達が口を揃えていう言葉があります。
「初めからこういう世界だと知っていたらテニスはやらせなかった」
私も同じように思った事があります。

でもうちの息子に限って言うと、
これだけ夢中になれるものと早々出会えて幸せなんだろうなと思うんです。
子供の頃は誰でも漠然と〇〇になりたいと大きな夢を持ちますが
それに向かいなりふり構わず没頭する事ってなかなかないと思うので。
(良くも悪くもありますね)

おっしゃるように、長い目で見る事はとても大切だと私も思います。
今の勝ち負けや戦績に一喜一憂しないよう私も心がけてはいますし
子供にもそう言い聞かせています(^_^)
しかし頭ではわかっていてもついつい一喜一憂してしまうんですけどね💦
気を付けなければ💦
でも恐らくテニスをされている小学生の親御さんみんなそう思っていると思います。

今回の記事に書いたような地区大会(関東・関西)に繋がる県大会は子供は力が入ります。
そこを突破すると全国大会に繋がりますので。
その大会の為に子供達は1年間たくさん試合をし練習をし照準を合わせてきます。
もちろんコーチ達も力が入りますね。
カツオもまさしくその大会の為に練習してきました。
意識しすぎて、いざ大会目前でド緊張です(笑)
思いつめている・・・とは少し違うかもしれません。
目標としてきた年に1度のこの大会で、
上位大会に行きたいから勝ちたいんけど勝てるかどうか不安・・・
という感じで・・・・
・・・・・あ、思いつめてますね(笑)

競技テニスをしている子供達は本当に体を酷使しています。
ほぼ毎日の練習、トレーニング、週末の試合、試合後また練習・・・
と体を休める時があまりないんですよね。
怪我というかスポーツ障害なども日常茶飯事で
万全の身体で試合ができる事ってあまりないかもしれません。
その事によって身体の成長に影響はないのかというのはとても気になるところではあります。

どの競技も共通する事かもしれませんが、
頑張ったからと言って必ず報われる世界ではなく苦難の連続になる事と思いますが
カツオのテニスをサポートしていきたいと思います。
”心にゆとり””大きい視野”
ですね!!
改めて肝に命じたいと思います(^_^)
他競技をされている親御さんからの客観的な貴重なご意見、とても有難いです!
またお気付きの事がありましたら・・・宜しくお願い致しますm(_ _)m

返信する
kkk

カツオ君、その年にしてメンタル、マンドセットの仕方が素晴らしいですね!(うちの子に見習わせたいです)

選抜(関東大会のドロー出ましたね)、都県ジュニア、小学生大会、これから暫く大事な試合が続きますが応援しています!

返信する
tonpari

KKKさん

今年はU12では最高学年なので並々ならぬ意気込みです(笑)
カツオの自問自答は不安な気持ちをぬぐいとっているという感じに思えました。
娘さんも表には出さないだけで内に秘めた思いがきっとありますよ!

ドロー出ましたね〜(^_^)
当たり前ですが、すごい顔ぶれでさすが関東大会!って感じです。
都県ジュニア、小学生大会、子供達には悔いのない戦いをして欲しいですね!
私も娘さん、息子さんのご活躍を陰ながら応援しています(^_^)v

返信する
ぽー

(改めて)初めまして。
カツオ君の大ファン、ぽーと申します。
随分前から楽しく読まさせてもらっています。
読めば読むほど実際にカツオ君に会いたい気持ちに掻き立てられます。
お母様の文章力もあり、更新を楽しみにしている毎日です。

我が家は日本国外に在住していて、
日本のジュニアテニスとは少し違う環境ですが、
ブログを読みながら共感することもとても多いです。
私達も入るつもりもなかった世界に足を踏み入れてしまい、
もう最後まで行かなければならなくなってしまいました。
普通の子ども達からまるで隔離されたかのように、
毎日テニスと勉強に追われる日々を長年続けています。
そしてこれまでたくさんの事を犠牲にしてきました。
でもいつも思うのは、
子ども達が一生懸命にやる事が見つかったと言うのは、
本当に幸運だと言う事です。
そして一生懸命に頑張っている子ども達を見る事ができるのは、
それよりも更に幸運な事だと日々感じています。

試合が楽しみですね!(私は神経すり減りますけど。)
カツオ君が「男」になる事を期待しています!頑張れ!

返信する
tonpari

ぽーさん

初めまして!
コメント有難う御座いますm(._.)m
いつも読んでくださっているとの事、
またカツオのファンと言って頂きとても嬉しい限りです⭐︎

私も同じように思います!
夢中になれるものをこんなに早い段階で見つけられ、
思い描く自分になれるようひたすら突っ走る・・・
とても幸せな事ですよね。
うちの息子は死ぬその瞬間までテニスをしていたい、それが自分の幸せだ
と言った事があります。
どんだけ!!と思いますが、そう思えるほど好きな事に巡り会えた事は
親として本当によかったなと感じます(^_^)
その結果、確かに親子共々犠牲にするものはたくさんありますが
自分で望んだ道を行く限り全力で応援していくしかないのかな〜と。

ほんと、頑張っている子供を見る事ができるのは親の張り合いですよね。
カツオが男になれたとご報告ができたらいいなと思うのですが・・・・
ひとまず頑張ります!
息子さんの益々のご活躍、遠くからですが応援しております(^_^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。