修造チャレンジを見て涙

スポンサーリンク

 

今日、5月12日午前10時30分からテレビ朝日で

『松岡修造のテニス合宿20周年スペシャル~錦織圭が目覚めた本気のコトバ集~』

が放送された。

私はこのような番組が放送されるのは全く知らなかったが、

なぜか録画がされていた。

恐らく夫が偶然見つけ録画予約をしてくれていたのでああろう。

 

昼食後、早速ハナコと一緒に見みてみた。

(カツオは朝イチでプライベートレッスン〜自主練の流れで不在)

 

錦織選手を含め、過去(10年以上前)の修チャレの様子、

そしてその選手の現在などがまとめられていた。

修チャレといえば、全国大会上位者しか呼ばれない

言わば将来を期待されたジュニア達が集まる合宿だ。

テニスをしている子供は皆行ってみたいと思っているはず・・・

実際、カツオも思っている。

 

何故か私は、最初から最後までティッシュの箱片手に見ていた。

涙なくしては見れなかったのだ。

歳のせいかここ数年極端に涙もろくなっている。

 

一番印象に残ったのは当時17歳の男の子。

全てをテニスにかける為、高校は通信制を選択したそうだ。

錦織選手には3戦3勝。(年齢は錦織選手の2つ程度上)

世界ジュニアテニスランキング117位で日本人トップ。(当時)

まさに日本ジュニアテニス界のトップにいる選手だった。

その時彼は

「高校は通信制だし、テニスができなくなったら何も残らない」

とカメラの前で語っていた。

 

そして18歳でプロデビュー。

 

が、しかしその直後、

肩と足首を続けざまに痛め、回復することなく

 

20歳で引退。

 

20歳で引退!!!!

 

そんな事って・・・・

そんなの切なすぎるではないか・・・

 

そして現在の彼は、テニスと全く異なる職業に就いていた。

テニスコーチとしての道もあったが、

敢えて、”もうラケットは握らない”という選択をしたのだそう・・・

スポンサーリンク

 

夢半ばで破れるなら、やりきって破れた方が諦めがつく。

怪我で夢を諦めなければならないなんて・・・

その時の彼の気持ちを考えたら更に涙が滝のように溢れてきた。

涙を拭いたり鼻水拭いたりと私は忙しい。

 

 

ハナコはどんな思いで見ているのかなと隣を見ると、

タブレットでYouTubeを見てヘラヘラニヤニヤしているではないか!

 

驚きで涙と鼻水がピタリと止まった。

 

WHY!?

何故これを見ない!!!

目ん玉ひん剥いて皆んなどんな思いでテニスをしているかよく見てみろ!!!

自分のぬるさが分かるだろ!!!

 

とは思ったが、言いません(笑)

修造の熱い言葉やトップ選手達の練習風景やテニスにかける思い・・・

彼女には全く興味がないようだ。

 

これはいつもの事。

 

無理強いしてまで見せるのもアレだし。

まあいいとしよう。

 

よし、帰ってきたらカツオに見せてあげよう。

カツオが会った事のあるプロのジュニア時代も映っていたから

テレビにかじりついて見るであろう。

 

 

あ、

 

修造にも修チャレにもトップ選手のプレーにもプロの試合でさえも

全く興味の無いハナコ。(興味のありずぎるカツオとは真逆なのだ)

 

数ヶ月前、修造の息子さんが我がクラブに練習に来た時は珍しく非常に興奮していた。

松岡〇〇君が来たよ!!!

と。メールまで送ってよこした。

帰宅後、興奮気味に話してくれた。

 

 

背が高くって、めっちゃカッコ良くてビビったよ!!!

 

 

と、どれだけカッコ良かったかを

鼻の穴を膨らませて延々と話してくれた。

 

ハナコの興味のあるとこはテニスのプレーがどうこうより

結局そこなのだ (◞‸◟)

仕方がないのでこれはハナコの個性だと思う事にしている。

 

 

 

おわり

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。