聞かれたから答えたら変な空気になってしまった話

スポンサーリンク

 

カツオのクラブの同級生R君。

 

私はずーーーーーーっと気になっていたことがあった。

もっとこーしたら良いのになって事。

 

私はテニスが分からないので、もちろん技術的な事ではなく精神的な事。

このR君、自分が負けていると試合中にとてもイライラしてしまう。

先日の試合もR君も出ていて、私もカツオの試合を待つ間観戦していた。

2−1でリードしていたのだが、そのあとパタパタとゲームを取られ逆転されてしまった。

そこからいつものイライラが始まった。

ポイントを取られる度に「もーーやだ!」と大きな声で言い、ラケットを放り投げる。しまいには放り投げたラケットを足で蹴飛ばす。そしてずっと下を向く。

ボールを拾いに行く時は下を向いてゆっくりとトボトボと歩く。

コートチェンジの時にはずっと下を向いている。

 

 

カツオにもかつて同じような時期があった。

試合中に思うように行かなくなるとふてくされ、無気力試合。

私はこの試合中の態度には当時すごく厳しく叱った。

負けた事にでは無く、試合中の態度について。

そして試合中の態度が改善された後は、リードされている試合のメンタルについて私の持論を徹底的に刷り込んだ。

それは

 

肩を落とすな

下を向くな(⇦特にコレ)

ラケットを叩きつけるな

 

メンタルとは言い難いのかもしれないが、これはメンタルに繋がる事だと私は思っている。

かつてのカツオはポイントやゲームを取られると両肩をガックリ落とし両腕をダランと下に垂らすクセがあった。

そしてリードされたり、強い相手だったりすると、ボールを拾いに行ったりする時などずっと下を向いていた。コートチェンジの際にはベンチに座って両膝に両肘を乗せる感じで前かがみになり下をずっと見ていた。

自分のミスが続くとラケットを地面に叩きつけていた。

 

なので上記3つをカツオに徹底的に言ったのだ。

説明もきちんとした。

このカツオがしていた3つの事は全て完全ネガティブな行為であって、なんの解決にもならないどころかゲームの立て直しや自分のプレーの修正など前向きな事に頭が向かなくなる。

誰でもイライラはするが、その行為をしてしまう事によってイライラや絶望感は助長される。

 

それらの行為は取られたポイントやゲームに対するイライラや絶望を表している。結果それを次のポイントに引きずってしまい、さらにうまく行かなくなる。そんな試合で勝つ事は1,000%できない。

 

何より相手選手にとっては『シメシメ ( ̄ー ̄) 』だ。

 

負の連鎖。

 

だから、

ネガティブな行為を全てやめて、次のポイントは取るぞって次の1球に気持ちを切り替える。

 

徹底的に言った。

 

 

今のカツオは試合中絶対に下を向かない。

どんなに大きくリードされていても絶対下を向かない。

スポンサーリンク

思うようにいかなくても絶対下を向かない。

肩もガックリ落とす事もなくなった。

相手の過剰なカモン攻撃にも全く動じなくなった。

自分のミスが続いた時、たまーにラケットを叩きつけるような感じで大きく上に振り上げる事はあるが、振り上げたその後はスッと胸の前に戻す。叩きつける事は絶対しない。

「あーーー!」

「だーーー!」

程度のやっちまった的な言葉は出てしまう時はある。

 

カツオはそれらの行為をしなくなった事で試合中に”考える”と言う事ができるようになったと言う。

イライラしてしてしまっても、冷静な気持ちを取り戻し次のポイントの事を考える事ができる。

気持ちの切り替えができると言う事だ。

 

そしてカツオはネガティブな行為をしなくなって、リードされている試合でも追い上げるという事をするようになった。ネガティブな行為をしていた頃のカツオには見られなかった事だ。

追い上げても負けてしまう事はあるが・・・まあ、それは仕方ないところ。

 

カツオは1年半前と比べるととても精神的に成長している事がわかる。

精神的な成長は恐らくテニスの技術や試合内容にもプラスに働いているはずだ。

 

カツオの話が長くなってしまったが、そんな事で、私はR君のリードされている試合のネガティブな行為が以前からすごーく気になっていたのだ。

私が親だったら絶対注意(アドバイス)するのになと。

 

 

で、先日の試合中にR君のお父さんが、私に

「カツオ君は負けている試合中でのルーティーンとかありますか?」

と言った。

 

「ルーティーンとかは無いと思いますけど、カツオはどんだけリードされてても、自分のプレーが全然うまく行かなくても絶対に下を向かないようにしています。そして思い通りにいかないイライラを表に出さないようにもしています。全て次の1球に気持ちを切り替える為です。R君も気持ちの切り替えができたらいいですね!」

 

 

 

 

 

超温厚なR君のお父さんの笑顔が引きつった。

 

重たい空気が流れた。

 

 

 

 

やばい。

 

 

アタクシやらかしたのか?

余計な事を言ってしまったのか?

上から目線な言い方だったか?

R君を全否定しているように聞こえてしまったかな・・・

 

 

でもカツオの仲間だし、一生懸命練習してきているのに勿体無いな〜ってずっと思ってたから・・・

なんかきっかけになったらなって思って・・・

 

 

言わなきゃ良かったのかもしれない。

聞かれたからいい機会だと思って言ってしまったのだけれど・・・

気分を害させてごめんなさい。

 

 

 

でもR君に試合で自分のテニスができるようになって欲しいと思っているのは嘘じゃないです。

 

 

 

もう余計な事は言わないようにします。

 

 

只今反省中。

 

 

おわり

2 Comments

さゆはる

あーーーー。
そういうの、ありますよね・・・( ̄◇ ̄;)。
テニス少年(少女)たちの親同士の会話って、私も難しいと感じてます。
私は長時間、他の親御さんと話していると、相手の子供をお互いに褒めちぎり合うという何とも気持ちの悪い時間になりがちです(^_^;)。
相手の方が強い場合はまだいいんですが、こちらの方が強い場合は尚更、気を遣います。
子供同士の戦績が同じくらいの時は、仲良くしてくれていた親御さんが、こちらの戦績が上がり出すとよそよそしくなってきた方もいらっしゃって、何だか寂しいです(;_;)。

Rくんのお父さんは多分、痛いほど自分の子供の欠点を分かってるんでしょうね。
分かってるだけに、tonpariさんの言葉が響きすぎてしまったんだろうな・・・。

よその親御さんとの会話って、ホント難しいです・・・。

返信する
tonpari

さゆはるさん

やはり私はナイフで胸をひと刺ししてしまったんですよねー
うちのクラブは父兄も和気あいあいなのですが、親しき仲にも・・・ですね!気をつけなければ!(^^)

お互い褒めちぎり合う時間・・・拷問のようですね(笑)私、お世辞とか言うのも言われるのもちょっと苦手で、、、多分お尻がムズムズしてきちゃうと思います。
でもさゆはるさんの経験した、息子さんの方が強くなってしまった為仲良くしていた方がよそよそしくなってしまったというお話、変な言い方ですが、私それ経験してみたいです!!(笑)
カツオは強くなりすぎてしまったのか!!!!なーんて夢のようなお話です(//∇//)

地域のスポーツ少年団みたいなものは親同士の色々がとても大変だと聞きますよし、それに比べたらテニスはひょっとしたら良い方なのかもしれませんね🎶

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。