身の毛もよだつ怖〜い話

スポンサーリンク

 

私はリアルな心霊体験を1度経験したことがある。

金縛りは数え切れないほどあるが、それは疲れとかそんな感じのものだろうと思っている。

私が体験した心霊体験とは遡ること13年前の冬、ハナコがまだお腹にいる時のことだ。

その心霊体験で私のお尻はその時、低温やけどを負った。

 

でも今回はその時のお話ではなく、度々登場、カツオのテニス仲間のH君のお話。

先日、H君のお母さんがとても深刻な顔で話してくれた。

「笑って聞いて」と。

 

でもそれはとても笑えるようなお話ではなかった。

 

カツオの所属クラブはだいぶ偏った方針がある。

『テニスだけに集中』と言う事だ。

H君とお母さんはそのクラブの方針にずっと忠実に従ってきた。

H君は今中学2年生だ。

驚くことに、今まで中学校の試験を受けた事が数える程しかない。

他の子が試験があるからと見送った遠征や試合も全てH君は参加してきた。

なので遠征や試合、練習などでことごとく中間・期末等の試験が受けられないできたのだ。

もちろん通知表にはあまり見かけない数字が並んでいるとか。

それでも自分にはテニスがあるからとテニスに打ち込んできた。

そしてコーチも学校よりテニスを優先しろと言う。

コーチが言う通ーーーーりに従ってきた。

学校の先生にも「通信制の高校へ行く」と進路を伝えてきた。

 

 

少し前、コーチの仲介でアメリカ留学のコーディネーター(?)みたいな方とお話する機会があったそうだ。

スカラシップの事でだ。

H君は高校を卒業したらアメリカの大学に留学したいという希望がある。

もちろんアメリカでテニスを学びたいという事。

 

その方が言った言葉が、

「勉強もちゃんとしないと行けませんよ」

学校のテストをほとんど受けてないと話すと、

「テストは必ず受けてください。評定はとても大切ですよ。評定の基準もありますからね。」

と・・・・

H君のお母さんはビックりしたそうだ。

コーチの言ってることと全く違う。

コーチは数学と英語が普通にできていたらスカラシップを利用して留学できるって言ってた。

スポンサーリンク

 

 

「コーチのあれって何情報だったのかな」と遠い目をするH君母。

 

 

 

『勉強してない奴がテニスとか言うな』

って世界なんだって・・・とH君のお母さんは私に言った。

スカラシップと言っても大学にも上から下まであるが、

大学の学力(偏差値?)とテニスの強さはほぼ比例するそうだ。

 

 

 

お母さんはコーチに、「今後学校のテストは必ず受けさせます。」と宣言した。

 

コーチはそれにとても納得いかない様子だったとのこと。

(↑これは想像がつく。)

 

そして、学校にも、通信高校ではなく全日制の高校へ行きますと進路の変更を伝えたそうだ。

 

 

すると先生が

 

 

 

「え・・・・・(絶句)。行ける高校ありませんよ?」

 

 

 

と言ったそうだ。

 

 

 

 

( ゚д゚)

 

 

 

 

 

ギャーーーーーーーー!!!!(悲鳴)

 

 

 

 

ね?

ホラーでしょ?

 

 

※「行ける高校無い」とは恐らく脅かしだと思いますが・・・・

 

 

誰々は小学校4年から学校行ってない

とかー

誰々は中学校行ってないけど、中2で高校卒業の資格取った、それも全て英語で(アメリカの通信制?)

とかー

 

 

そういった事をよく言うコーチ。

 

でもそんな超激レアなケースをお手本にしろと言われてもそれは無理ってもんだ。

カツオやハナコがスーパー天才ジュニアだったら一考する余地はあるが、親の欲目で見てもド凡人の我が家の2人。

”テニスをしたいなら最低限やるべき事はやりましょう”

これが我が家の方針。

今のところ方針を変更する予定もない。

 

 

やっぱり勉強はきちんとするべきだ。

 

ハナコやカツオが同じ事にならないようにとH君母は言ってくれた。

感謝。

 

 

 

 

おわり

 

 

 

4 Comments

さゆはる

怖い!こっくりさんより、トイレのはなこさんより怖い!

私はよくテニスコーチのされているブログを読むんですが、そのコーチもはっきりおっしゃってました。
「勉強もテニスも両方頑張れ」と。

ウチのスクールのコーチも言ってました。
「みんな毎日毎日何時間も練習してるけど、勉強する時間はどうするんだ?」と。
「テニスばっかりしたって仕方ないだろう」と。
ウチのコーチは週に2回しか教えないとはっきり断言しています。
それ以上教えても意味がないと考えています。
(子供が自分で練習するのはいいと言ってます)
こういうコーチは、あんまりいないのかな。
やっぱり「変人」ですね・・・。

返信する
tonpari

さゆはるさん

鳥肌ものですよね(・_・;
今から巻き返しを図るべく頑張っているようですが・・・

カツオの社交性のおかげで他県のご父兄とお話をする機会も出てきた今日この頃、やはり強いと言われる子は勉強も学校でトップクラス、これは定説のようですね。
中には全然学校に行っていない子がいる話も聞きますが、それはきっと稀なケースなのかもしれません。
特にテニスで秀でた成績の無いうちの子らがテニスをして行くためには勉強は必須なのだと思います。

勉強も大切、どっちも頑張れと言ってくれるコーチが私は良いです。私もそう思うから(^ ^)

さゆはるさんのところのコーチ、週2回しか教えてくれないんですか!?Σ(゚д゚lll)
面白いですね!!だから息子さんサブで行ってるクラブがあるんですね🎶
うちとは全くの真逆です。「週2、週3なんて言ってる奴に教える事は何も無い」って言うんですよ〜(笑)
なのでうちのクラブ(選手コース)には週6回というコースしかありません・・・・
こちらもある意味『変人』かもしれませんね。プププ(笑)

返信する
野球脳パパ

キャー怖い!!!

レゴの前クラブと現クラブの関東以上に行っている子はみんなお勉強もものすごくできます。県のトップクラスの子達も受験で難関私立中学とかに行っている子も多いです。
学校でトップクラスになる必要はないと思いますが、勉強は大切だと思います。怪我でテニスができなくなることだってありますし。これはどのスポーツにも言えることですね。私も子供の頃、母から野球ばっかりやってないで勉強しなさい、怪我して野球できなくなったら困るのは自分だよとずっと言われてきました。本当にそうなってしまったのですが、母の言うことを聞いて少し勉強しておいてよかったと心の底から思いました。
やはり「文武両道」がいいのではないかと思います。

レゴには、ひとつ前の学期から成績が落ちたらテニスは即辞めなさいとずっと言ってきています。いつもギリギリでクリアしています。算数下がったけど国語は上がったから相殺みたいな感じで(笑) さあ2学期はどうかな~

返信する
tonpari

野球脳パパさん

ガクブルものです(T_T)

そうなんですよね。
テニスを一生懸命やればやるほど難しい事になってくるとは思いますが、文武両道が理想だと思います。
レゴ君の文武両道への取り組み、良いですね!夏休みも練習の合間をぬって夏期講習受けられたんですよね!みんなそうやってテニスをやるために勉強も頑張るんだなって考えさせられました。
”テニスで忙しい”を言い訳にせず時間を有効に使い勉強の時間を取らなくてはですね!!
娘には中学に入った時、パパさんと同様の事を言いましたが息子にも言ってみようかな〜
顔面蒼白になるかもしれません(笑)

このご返信に書くのもアレなのですが、先日の野球脳パパさんの投稿、私もとても興味深く読ませていただきました。
実はうちも今カツオと2人で毎晩ちょこちょこ話し合っています。まだどうなるかわかりませんが最終的に子供にとってベスト(ベター?)な選択をしたいなと思います。
”完璧なクラブなんか無い”を頭に入れておきたいと思います(^ ^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。