カツオの同志

スポンサーリンク

 

たまに名前が出る、カツオの仲良しH君。

現在、遠征に一緒に行っている。

 

 

中学1年生の男の子。

同じクラブ、同じクラスで練習している。

性格はとても穏やかで、誰にでも優しく、運動神経抜群

しかも勉学も成績優秀。

礼儀正しいが、子供らしさもちゃんとある。

おまけにイケメン。

ひょうきんな一面もある。

必然的に女の子にモテる。

 

稀に見るパーフェクトボーイだ。

 

 

 

喜怒哀楽が激しく、ふてぶてしい。

都合の悪い事は聞こえないふり。

勉強、普通、運動神経、普通。

顔はのっぺり。

必然的に女の子にモテない。(保育園の頃は異様にモテた)

それどころか蹴飛ばされる始末。

 

 

カツオとは本当に全て真逆だ。

 

 

3つ年が離れているが、そんな2人はとても仲が良い。

 コーチからも

「お前ら大丈夫か?」

と仲を疑われる。

 最初はカツオのお子守役をしてくれているのかと思いきや

あながちそうでもないようだ。

 

 

共通点が一つだけあるのだ。

 

テニスに対する思い 

 

これだけが見事に同じなのだ。

 

 

同じ選手コースの子でも、テニスに対する気持ちの温度は

みなマチマチだ。

カツオとH君は熱量が見事に同じなのだ。

だからきっと気が合うのだと思う。

常に一緒に自主練をし、

試合となれば、フェンスにピッタリとへばり付きお互いの試合を

見守る。

試合後、あそこは良かった、ここはダメだったとお互い指摘する。

2人とも勝った時はご機嫌で肩を組んでスキップ。

そしてコーフンしだすと両手を握り合う。(これはさすがにキモイ)

 

 

日々 お互いの夢や目標を語り合い、頑張ろうと励まし合う。

時には、そんなんじゃダメだと、注意しあう。

本当に良き同志だ。

 

 

学校の友達とはまた違う存在だ。

 

 

今は小4と中1。

3歳離れていると、今は精神的にも肉体的にもとても差がある。

だが、大きくなればなるほどその差は縮まり、

やがて3歳の差は同じ歳のようなものになる。

スポンサーリンク

その時はライバルだ。

 

テニスは個人競技、仲良しクラブである必要はない。

だけど、今、近くに志が同じ仲間がいると言う事は

どれだけカツオの励みになっているであろうか。

大きくなるに連れ、ライバルになっていくが、

きっとこの2人はずっと同志であるに違いない。

  

 

カツオはおそらくH君がいなかったら

クラブで浮いた存在になっていたであろう。 

1人だけテニスに異常なほどガツガツしている子として。

もしかしたら、カツオも周りの子の熱量に合わせて

テニスをしていたかもしれない。

 

 

H君のおかげでカツオは目標に向かって全力で走り続けていられる。

だからH君の存在は私にとって、感謝でしかないのだ。

 

 

そんなH君とカツオ、

近い未来の計画を2人で立てている。

 

 

カツオが小学校を卒業したら一緒に住む。

クラブ近くのアパートを借りて同居し、

毎日朝からクラブへ行き夜まで練習をする。

 

同居生活を少しした後、留学をする。

H君はアメリカ、カツオはスペイン。

2ケ国を2人で行ったり来たりする。

そうすれば拠点を2つ持つ事ができるからだそうだ。

 

 

 

その後の事は聞いてないのでまた聞いてみようと思う。

 

 

 

そんな計画を立てているので、

カツオは大会等で仲良くなった子に

H君を紹介するときいつも

 

 

 

「この人はH君で、オレの同居人!!

 

 

 

必ず言う。

 

H君も「どうも同居人です!」という顔でにっこりする。

 

紹介された相手は、当然キョトンとなり返答に困る。

 

 

コレ、他人の振りして少し離れたところで見ていると、

なかなか面白い光景なのだ(笑)

 

 

 

 

 

これからも2人、切磋琢磨し大きくなって行くのだと思う。

そんなデコボココンビの成長が楽しみなのである。

 

 

 

 

 

END

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。