カツオにアドバイス

スポンサーリンク

 

最近、サーブのスピードが速くなってきたとコーチに言ってもらったカツオ。

 

そしてもう一言追加して、サーブを打った後は速く構えろと言われたようだ。

 

 

その理由はリターンエースを取られてしまうからだ。

カツオの仲間にラケットの真ん中にボールを当てるのがとても上手な子がいる。

ちなみに・・・カツオはあまり真ん中にボールが当たらないそうだ。(コーチ談)

ダメじゃん(笑)

コーチが言うにはその子はクラブで一番それが上手らしい。

言われてみたら確かにそうだ。彼のフレームショットやガシャったのは見た事ないかもしれない。

 

私の勝手な考察だと、ラケットの真ん中にボールを当てるのが上手な子はテニス歴が長い。

その子もカツオと同級生だが5年を超えている。

もう1人同じく上手な子がいるが、その子も確か7年位テニス歴がある。

カツオは3年ちょっと。

長年たくさん球を打ってきた子はやはりすごいな。

そう考えるとテニスって難しい競技だな〜とつくづく思うってしまう。

 

で、毎日一緒に練習しているのでその子はカツオのサーブを知り尽くしている。

スポンサーリンク

最近のマッチ練習ではカツオの渾身のファーストサーブをその子にリターンエースを取られてしまう事があるようなのだ。

 

それを見ていたコーチが、最近ファーストサーブが速くなってきたから速く構えないと駄目だぞと。

ビュン!って打ったボールが、ビュン!!!って返ってくる。

当てるだけでビュンって返ってくるらしい。

カツオは「うわっ!!」となりポイントを取られるようだ。

 

速く構えればそれは対応できるものなのだろうか。

 

試合でも、長い試合になれば相手もカツオのサーブに慣れて軽々返球してくる。

 

 

そこで私はカツオにアドバイスをした。

対策は考えるまでもなく、秒で閃いた私。

 

 

 

 

 

「それって、ラケットに当てる事もできないくらい速いサーブを打てばいいだけじゃん?」

 

 

 

 

ドヤ顔の私を呆れ顔でシラ〜とチラ見したカツオ。

 

 

 

ど素人のお母さんですまぬm(._.)m

コーチの言うように早く構えるようにしましょう。

 

 

 

おわり

2 Comments

橋本

よく思います。
どんなけ早いサーブでも、フラットだけだとタイミングですぐに返されちゃいます。
ただ、それにスライスやスピンが増えたら…
フラットも、センターやワイド…ボディとコースを打ち分けれるようになったら…
うちのチビには出来ません…(笑)

返信する
tonpari

橋本さん

球種やコースの打ち分けは必須ですよね。
うちの息子はコースの打ち分けできるしやってるって言うんですがどうでしょう・・・
怪しいな〜と思っています😎
息子から冷ややかな視線を貰ったので、私はお口にチャックでマネージメントに徹したいと思います(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。