カツオ、神様からの言葉に昇天

スポンサーリンク

 

カツオの神様

 

 

それはコーチだ。

 

 

「コーチは神様」

これは私がカツオに徹底的に刷り込んだ事だ。

 

その刷り込みには理由がある。

2年生の6月からテニスを始めたカツオ。

そして2年生の11月から選手コースに入った。

 

小学校2年のカツオは理解力が低く、

コーチの言葉に納得できない事が多かった。

コーチは同じ事を言っているのに

言葉のチョイスや言い回しが違うと

「前と言っている事が違う。どっちなんだよ。」

と腹を立てる。

 

言葉が変わってしまうと、

違う事を言っていると思ってしまっていたのだ。

 

 

カツオにはそうじゃないんだよ、

言い方が違うだけでコーチは同じ事を言っているんだよ。

と私が言っても納得ができない。

カツオはイライラ、モヤモヤする毎日。

 

 

 

 

どう説明しても伝わらないカツオに私は、

 

 

 

たくさんいるスクール生の中からカツオを見つけて、

上に引き上げてくれたのはコーチ。

カツオがテニスが好きになったのは、コーチがテニスを教えてくれたから。

カツオが上手になるようにと、これからもテニスを教えてくれるのはコーチ。

コーチはコーチのプロ。

 

 

だから

コーチはカツオの神様

 

そして

 

”神様の言う事は絶対”

 

だよと。

 

 

 

当時は練習に向かう車の中で、

スポンサーリンク

私が「コーチは〜??」と言うと

カツオが大きな声で「かみさまぁ!」と叫ぶ。

これを毎日繰り返した。(さすがに今はやってないが・・・)

 

 

 

それからカツオはコーチの言う言葉を忠実に聞くようになった。

言い方が前と違っても、納得ができなくても

その時に言われた通りにするようになった。

結果、成長のスピードはグンとあがったのだ。

 

 

 

私の「コーチは神様作戦」 が功を奏した。

 

 

 

 

 

そんな神様からカツオは先日、嬉しい言葉を頂戴したようだ。

 

 

「カツオに教える事を、俺は絶対に諦めない」

 

 

カツオはとっても嬉しそうに私に教えてくれた。

なんだかカツオが妙に喜んでいるから、

私も「最高の言葉をもらったね」と取り敢えず言ておいた。

(どんなシチュエーションだったのか、前後にどんな会話があったのかは

わからない)

 

 

数日経っているが、

毎日のようにその言葉を口にしてはニヤニヤ。

見てると気味が悪いが、

本人は嬉しさを噛み締めているようだ。

 

 

 

 

 

不調が続くカツオだが、

この言葉をもらってから、なんだか少し調子が上向いてきているという。

 

 

 

 

神様の言葉は絶大な威力を持っている。

 

 

 

恐るべし神様。

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。