三者面談 2018年3月

スポンサーリンク

 

この春休み、カツオの三者面談があった。

 

言われた事は2つ。

レッスンにオプションを付けましょう。

 

また月謝が増えるのかと少し気が重たくなった。

ハナコが7月頃にクラスアップするので

レッスン料が跳ね上がる。それに加えてカツオのコレだ。

月謝が大台を越えるのも近い。

せめて兄弟割引を作って欲しい。

追い追いダメ元でヘッドコーチ相談してみよう。

 

 

次に試合について。

 

今年度は14歳以下をメインに出ましょう。

 

 

 

「はぁぁぁぁあ!?」

 

 

 

 

うちのカツオちゃん、10歳です。

今度やっと5年生になるんですけど・・・

どなたかと、面談の資料間違えてやしませんか?

 

口には出してはいない。

私は一応大人だから。

 

 

正直意味が分からない。

現状、公認大会のU12予選を勝ち上がるのにヒーヒー言っている男が

なぜU14に出なくてはならないのか。

 

コーチが言うには、

カツオは強い子に挑むのが好きだし、

その方がカツオは成長するタイプだから。

スポンサーリンク

ポイントは県ジュニアとかで充分獲得できるから、

ポイントの事は考えずに、ひたすら上の子にチャレンジして欲しい。

 

ってな理由だった。

 

確かに強い選手に向かって行くのはカツオ好きだけど!

どんだけ強いんだろって考えるとワクワクする!って言うけど!

 

でも、勝つ事も同じ位好きですよ?

 

 

 

面談の最後に、再度私は確認をした。

「試合のエントリーは、U12が「1」に対してU14は「2」ですね?

1:2の割合ですね??」

 

コーチ「はい、その通りです!」

 

 

腑に落ちないけど、指示に従うしかない。

 

U14出たろうじゃないか!!

 

県外の試合で毎回とんぼ返りになって

交通費とエントリー代が・・・って私は影で涙を流すだろうけど!

ある意味私もチャレンジだけど!

 

 

 

これで1年後、カツオが大きく成長していたら

コーチに

「あの時、心の中で『はぁぁ!?』って言ってごめんなさい」

って謝ろう。

 

 

さあ、新年度がスタートだ。

 

 

おわり

2 Comments

monndora

10歳で14歳以下のカテゴリーに出るんですね。
12歳より14歳の方が相手の打つ球が速くて伸びる、フットワークも良くなるから厳しい戦いになりそうですね。。。成長期ですから差はとても大きそうですね。

ただ、その分12歳以下の試合ではこれまでよりも楽に感じるのかと。
14歳以下だけだと負け癖がついたり、自信を失くすかも知れないから12歳以下も出て「年が近い相手には負けてない!」という自信を保つ目的もあるのかもしれないですね。

経済的にもかなり厳しいと思いますが、ネット越しながら応援してます!!

返信する
tonpari

monndoraさん

そうなんですよ〜
私としては、無理があるような気がしてならないんです(*_*)
でも今までも「え?」って思うような事を言われても、
その通りに実行してきたら、ちゃんと成長してきましたし・・・
コーチの言う事で間違っていた事なんてなかったし・・・
今回も言われた通りにしてみようと思ってるんです。

私はテニスの経験がないので、今回のように度々カルチャーショックをうけます。
テニスって他のスポーツと全く違い、なんと言うか・・・「独特」ですよね(笑)

仰るように「負け癖」がついてしまったら困るなとは思ってます。
上のカテゴリに出ているから、負けて当たり前と思ってしまいそうで。
それではダメですよね。どんなステージでも「勝つ」事にこだわらなければ!!
私がその辺の息子の心持ちのコントロールをしようと思っています。

そこで1回でも勝ったら本人の喜びは計り知れないですよね!
息子の性格からして、小躍りしますきっと(笑)

そして並行して出るU12でどこまで勝ち上がれるのか!ってとこですね(^^)
頑張ります!

それにしてもテニス界、難しいです(^_^;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。