1年9ヶ月越しのリベンジマッチ

スポンサーリンク

 

カツオがテニスを初めてちょうど1年経つ頃、

とある草トーナメントで対戦した同級生のS君。

 

0−6で完膚無きまでに叩きのめされたカツオ。

 

そこから1年9ヶ月の間、対戦する機会は無かった。

 

 

S君はずっと、カツオが再対戦したかった選手の1人だった。

恐らくリベンジをしたかったのであろう。

 

 

そして今回、県ジュニアという最高の舞台で戦う事となった。

試合前、S君には

「カツオ調子乗ってるから、潰す」

という宣戦布告を頂いた(笑)

恐らく”調子乗ってる”とは、

最近、同学年ではカツオが一番勝ち上がっているからであろう。

言われたカツオはいつも通りヘラヘラしていた。

 

 

カツオはS君と試合ができるという高揚と、

勝てるかな・・という不安があったという。

 

 

結果

 

6−0

6−1

 

 

リベンジ成功。

カツオの見事なまでの圧勝だった。

 

 

 

でも1回勝ったからといって油断してはいけない。

これからはもうS君には勝ち続けなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

昨年の春、県外の試合に出始めた時、

カツオと目標を立てた。

 

 

「同級生には負けない」

「勝った相手にはずっと勝ち続ける」

 

 

けれども、やはり県外にカツオと同級生で強い選手はたくさんいる。

本当にたくさんいる。

この1年、同級生に何回も負けてきた。

まだまだこの目標は目標のまま継続だ。

 

だが、県内の同級生間ではようやく頂上が少し見えてきた。

ランキングで1番ではなく、

みんなに勝って1番強い男になる。

スポンサーリンク

そして頭1つどころか10個くらい突き抜けて

絶対王者になる。

 

でなければ県外の子に勝つ事なんてできるはずがないのだ。

 

 

県内に限っていうと、カツオの同学年は何人もいるが、

カツオが勝ちたい相手、つまり”ライバル”は4人。

 

そのうち3人には最近の試合で勝利している。

残すは1人。

対戦した事は未だ1度もないが、

他の3人より少し技術的に劣るので

恐らくカツオは問題無く勝つと私は思う。

(すごく失礼な言い方ですみません)

 

 

 

未対戦の子を除いて3人は皆、

カツオが1年前には全く歯が立たなかった選手。

たくさん練習してきてようやく追いつき、追い抜く事ができた。

接戦での勝利ではなく、

そこそこの差を付けてきちんと勝つことができるようになった。

 

 

 

カツオはその子達の倍以上練習している。

やはり練習は嘘をつかない。

やればやっただけ強くなれる。

そしてコーチに心から感謝。

 

 

 

・・・なのだが、

 

これは同級生での話であって、

学年は上だが、早生まれの子が

カツオの「倒したい相手」の特別枠に1人居る(笑)

 

選抜ジュニアでカツオが負けた相手だ。

 

この選手に勝たなければならない。

いつ対戦できるか・・・まだ先の話になりそうだ。

 

 

 

 

 

カツオの県ジュニアはまだ終わっていない。

次は第1シードと対戦だ。

S君に勝利した事で気を良くしているカツオは

「負ける気がしない」

と言っているが・・・・(笑)

 

第1シードの選手にコソッと何やらお願い事をしたようだ。

 

 

 

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。