ネガティブ少年

スポンサーリンク

 

先日、ハナコはクラブに1本の電話をかけた。

 

「最近少し調子が良いので今日少し打ちに行っても良いですか?」

 

コーチは、おいでおいで!と言ってくれたようだ。

ルンルンで身支度を整え出発。

 

この日は3クラス合同のマッチ練習の日だった。

ハナコは仁王立ちでみんなが試合をしているのをゆっくりと見回したあと、一点を凝視していた。

 

ハナコが見つめる視線の先にいたのはカツオだった。

 

しばらくカツオを見ていたハナコは振り返り、私に言った。

 

 

「カツオめっちゃうまくなってるじゃん!!」

 

 

私は「え〜?そうか〜?お母さんには全く分からないな〜」と。

 

 

でも内心とても私は驚いた。

ハナコはカツオに対してだけはいつも超辛口なのだ。

ハナコがカツオを褒める事なんてまずありえないから。

 

 

夏休み終盤からずっと休んでいて、そしてその後、クラブを休会したハナコはカツオのテニスを見るのは2ヶ月振り。

 

2ヶ月振りに見たカツオはクラブの誰よりも大きく上達しているとハナコは言った。

 

常にカツオにだけは超辛口のハナコの言葉は家族の欲目では無く客観的な感想なのかもしれない。

だとしたらカツオは夏休み開けから本当に大きく成長しているのか・・・

 

 

カツオが成長しているという事より、ハナコが弟であるカツオの成長を認めそれを喜んでくれた事が私は何より嬉しかった。

家に帰ったらカツオに教えてあげようと思った。

 

ハナコはこの日、マッチ練習ではなく軽くラリーをしたりポイントをしたりと少し汗を流す程度で終わった。しばらく見ていたが、2ヶ月というブランクは短いようでとても長いなという感想。

プロのスポーツ選手、怪我などで来シーズンまで休養とか、、、すごく怖いだろうな。

 

ハナコはまだまだ復会する事はできないが、この日はとても楽しかったようだった。

 

 

「またいつでも来いよ!」

とコーチ達に言ってもらい、嬉しそうに帰路に着いたのだった。

 

帰宅後に早速カツオにハナコが言っていた事を伝えた。

カツオも相当驚くんじゃないかな〜どんな顔して驚くかな〜と楽しみにしていたが、期待していた反応はなかった。

 

 

「さっきそれお姉ちゃんに言われた」

 

と一言。

 

 

ハナコがカツオに面と向かって褒め言葉を投げかけたとは!!!

 

天変地異でも起きなきゃいいけどな。

 

 

そしてそして週末、カツオは小さな大会に出た。

お名前をよく見かける選手(試合にたくさん出て頑張っている選手)も何人かいたりで私もカツオも楽しみにしていた試合。

その子達の試合を見たことがなかったカツオは、どんなプレーをするのかワクワクと心踊らせていた。

 

 

会場を見て回ったカツオと私は、周囲より群を抜いて上手な1人の子に目を止めた。

あの子は誰だろう🎵

とカツオはダッシュで大会本部に名前を確認しに行った。

 

「・・・・・見かけた事の無い名前だったよ。」

 

歳も分からないが、お母さんとぴったり行動を共にする姿や、あどけない表情からして年上ではない事は確かだろう。

もし年上だったら天使のような男の子だ。

 

恐らくカツオと同じか、年下とかも充分に有りえる・・・・。

 

「強っ!!Σ(・□・;)」

「ウンマっ!!Σ(・□・;)」

「カッコヨ!!Σ(・□・;)」 ※注:カッコイイという意味

を連発しながらカツオは見ていた。

 

その子は、カツオが試合をしてみたかった、よく名前を見かける子達の1人を簡単に蹴散らし勝ち上がっていった。

 

「えぇ!?Σ(・□・;)どんだけ強いんだ!」

とカツオは驚いた。

 

カツオは強い子と試合するのが好きだ。

一度負けた相手とする時などはフガフガ興奮する。

でもこの子との対戦が決まった時、カツオは全く喜ばなかった。

むしろため息をついたのだ。

いつもスーパーポジティブのカツオが今日はネガティブだ。

 

らしくなくヒヨってやがる。

 

カツオには聞いてないので私の推測だが、恐らく・・・・

年下(かもしれない)の子に負けるのが嫌だったのだろうと思われる。

歳は下でも強い子はたっくさんいるし、カツオも年下の子に負ける事もフツーにある。

スポンサーリンク

でもそういった子はやはり名前が知られていてるのだが、今回の子はそうではない。

だから尚更、負けるのが嫌だったのだろう。

 

なんとも情けない奴。

 

私はカツオに言った。

「勝ち負けなんてどーーでもいい!今のカツオの腕試し!負ける事なんて怖がらないで思いっきりやっておいで!そして自分に自信を持ちなさい!」

 

カツオは「そだねー」と、か細い声。

 

おいおいいよいよどした。

 

試合が終わってみると6−2でカツオの勝ち。

見事にカツオが主導権を握った試合だった。

 

 

戻ってきたカツオと私は目を見合わせ同じタイミングで

 

「???・・・・・えぇぇぇえ!?!?」

 

とその結果に2人で驚いた。

 

 

ハナコの言葉はあながち間違いではないのかもしれない。

少し前のカツオなら間違いなく負けていたであろう相手。

私は、ハナコが言うようにカツオ一歩成長したという確信をしたのだった。

 

ちなみにカツオが試合後聞いたらその子は4年生で、関東ではなく他地域の子だった。

 

 

そーんな情けないネガティブカツオ、情けなかったのはこの1試合だけではなかった。

この試合の1つ前の試合。

 

「えーーー!!またーーーー!?やだなーーー」

 

”やだな”!?何を言ってるんだオマエは。

 

その対戦相手は直近の大会で対戦した相手だった。

その時はカツオが勝ったのだが、簡単に勝った試合ではなかった。

その相手との再戦、カツオは苦戦を強いられる事が分かっていた。

1度勝った相手には何度やっても勝ち続ける・・・これは私が勝手に課しているカツオの課題。

 

”負けたくない”や”勝ちたい”ではなく”負けたらどうしよう”という気持ちだったのだろう。

試合後聞くと、序盤から緊張のあまり手足が震え、ラケットを握るのも走るのもままならなかったと言う。

 

相手リード、カツオが追いかける形で試合がスタートした。

大きな体、そして大きなテイクバックから繰り出される強烈なフォアハンド、そして前回はあまり打たなかった超高速サーブにカツオは苦しんだ。

その選手、前回と明らかに違い、ものすごい全力。全てが全力。全力の全力。

歳下にそれも同じ相手にそう何回も負けてたまるか!勝つんだ!と言う気持ちの現れなのだろう。

そこがカツオとは試合に挑む気持ちが違ったのだと思う。

カツオは”負けたらどうしよう”

相手は”勝ちたい”

 

ブルブル震える手ではそんな豪速球を返せるわけもなく、ブルブル震える足ではボールを追いかけて走る事もできず、あっと言うまに2ゲームのリードを許した。

その後カツオはなんとか相手のミスいも助けられ1ゲームを返しそこから少しのシーソーゲーム。

4−3で中盤を折り返したところで、カツオの打球がいつも通りに飛ぶようになった。

気持ち的にも吹っ切れたのだろうか。

そこからいつも通りのプレーを取り戻し、6−3で勝ち。

 

気持ちの持ちようで、しなくてもいいド級の緊張をしてしまったり、逆にいいプレーができたりするのだなと思った。

だったら、自分で自分の首をしめるような考え方をせず、どんな時もどんな相手でも前向きに気持ちを持っていくのはとても大切。

 

今までは試合前はポジティブ思考、試合中は冷静、これがカツオだった。

でも今回の大会はネガティブな感情がカツオの頭の中を支配していた。

 

よーーし!やるぞ!やるぞ!やるぞー!!がいつもなら

えー・・・どーしてもやらなきゃダメですかー(渋々) が今回。

 

本当に試合前からカツオらしくなかった。

人格が変わってしまったかのよう。

 

 

そんな時があるのは仕方がない。

365日ポジティブシンキングな人なんてあまりいない。

 

 

でも気持ち1つで変わってしまうことがあるのは事実。

 

だったら下を見ずに前だけを見て自分自信を鼓舞し試合に挑むべきだ。

 

そんなことをカツオと話し合えた大会だった。

 

 

カツオには強いハートを持った男になってもらいたいのだ。

 

 

 

おわり

 

 

追伸

本日より1ヶ月ほど更新をお休みします(^ ^)

11月下旬からまた更新しますので宜しくお願いします♪

8 Comments

野球脳パパ

カツオ君はもうU12では勝って当たり前という立場。きっと周りからもそういう目で見られているのでしょう。その立場だからこその苦しさもあるのではないでしょうか。そのプレッシャーをはねのけて勝っていくと、さらにカツオ君は強くなりそうですね(^^)
レゴは逆にもう失うものがなくみんなを追いかける立場なので最近はイケイケで試合して、それがちょっとずつ結果に出てきました。カツオ君の半周遅れみたいな感じかもしれません。早く追いつきたいですが、まだまだ背中は遠そうです。

1ヵ月tonpariさんのブログが読めないのが寂しいですが、1ヵ月後にさらにパワーアップしたカツオ君の記事を楽しみにしています!そしてハナコちゃんも一日でも早く回復されることをお祈りしています。

返信する
tonpari

野球脳パパさん

まさしくその通りです。そしてそのギャップに苦悩しているようです。
数字と己の力のギャップを自分で痛いほど分かっているんですね。
シードなんか付いた日には、俺にこんな数字付けるのヤメてもらいたいって言います。(最初は喜んでいたんですけどね)
そのギャップを”恥ずかしい”って思っているんです。「なーんだって周りに思われるのが悔しい」って思えればまだいいのかもしれませんがそういうふうには思えないんですね。ポジティブな男だと思っていたのですが根は違うようです(笑)
この大会の会場でカツオは「俺、なんか色々な人にジロジロ見られてる気がするんだけど・・・」と。
みんなに影で笑われていると思ったようです。重度の被害妄想(笑)。で、今回のネガティブ発言が出てきたわけです。
誰もカツオの事なんか見てないし、カツオだって色々な人ジロジロ見るでしょと言いましたが・・・カツオのメンタル、少し重症な気がします(笑)

半周遅れなんてとんでもない!「背中が遠い」なんて野球脳パパさんの言葉をカツオに言ったらカツオ、更にメンタルやられてしまいます(笑)
必要以上の重荷をカツオが持ってしまっているだけで、追いかける立場なのはカツオもレゴ君と一緒です(^ ^)立って居る場所も全く同じです。
まだまだ追われる立場には程遠く、歯を食いしばって皆んなを追いかけ走り続けなくてはなりません。
伸び伸びと試合をしているレゴ君、いいですね!!カツオも余計な事は考えず1試合1試合を全力で戦う事だけに集中して欲しいものです。

いよいよ寒くなってきましたね。練習では汗をかきますし・・・レゴ君風邪などひかないように気をつけてくださいね!
特に今年は大事な時期にインフルエンザにかからぬよう・・・(笑)

次回更新が少し先になりますが、また読んで頂けたら嬉しいです♪

返信する
さゆはる

カツオくんのメンタルに変化が出てきたようですね。
カツオくんは常に前向きで、いつも楽しそうにテニスをしているイメージでしたが、
そろそろ難しいお年頃にさしかかってきてるのかもしれませんね(^-^;。

実はウチの息子、この夏の大きな大会をピークに調子がだんだん落ちてきていて、
2〜3週間前くらいには、技術的な面だけでなくメンタル面もだだ下がりしてました⤵︎。
あんなに好きだったテニスを「楽しくなくなってきたから、もう辞めようかな・・・」と言ったり、
練習中に上手くいかなくて、不貞腐れたり。

先輩のテニス少年のママにそれを話したところ
「そういう時期あるある〜。懐かし〜💕」
と言われました∑(゚Д゚)❗️。

無邪気なカツオくんも、そのうち難しいお年頃にさしかかったりするのかなぁ。
ひょっとしたら、これはその前兆なのかも・・・と思いながら読ませてもらいました(^^)。
男の子って、特有の難しさがあるみたいですね。
今から私、戦々恐々としてます((((;゚Д゚)))))))。

あ、そうそう、ウチの息子は今、ぼちぼち調子を戻して、テニスがまた楽しくなって来たようです。
あー、良かった(-。-;。

返信する
tonpari

さゆはるさん

色々を考えられるようになっただけ大人になったという事なのでしょうかね。
コーチからも最近だいぶ男っぽくなってきたと言われたり、私自身も私生活でのカツオが内面的に大人になってきたと感じていたところでもあります。
昨年までは、なーんも考えていないような低年齢男児の象徴みたいなものでしたからね(笑)
あと、テニスをしている子は大人になる(自立する)のが早いってコーチが言ってました!

さゆはるさんの息子さんは6年生なので、思春期になるのでしょうか・・・・これから益々難しくなってくるんでしょうね。
親として準備・・・なんてどうしたら良いかわからないですし、その時その時で頭を悩ませるしかなさそうですね〜
できる事は『心の準備』だけですね(笑)

テニスが楽しくなくなる時期って誰にでもあるんですね。
テニスの不調時期が続き、次第にメンタル面がやられ・・・そうなってしまうのでしょうか。
これは自己解決するしかないかもしれないので、親は見守る事しかできないですね・・・(私の場合は見守るというより放置かも)
カツオは別の理由でテニスが楽しくないって言う時期がありました😌放っておきましたけどね。
この先もまだまだ色々な事が出てきそう〜
どんな事でも長くやっていれば山あり谷あり!それを乗り越えた時、少し違った景色が見えるようになるはず!ですよね🌟
それも子供にとっては良い人生経験ですね(^ ^)

何はともあれ息子さんも楽しくテニスをしているようでよかったです♪

返信する
monndora

テニスはメンタルが重要とよく言われますが、目の前の試合にどれだけ集中して全力を注げるか なのかなと感じました。
大人になると感情をコントロールできるようになる分、冷静になりすぎて周りの目を気にしてしまったり、次の試合を考えてしまったりして試合に負けてしまうこともあったりでtonpariさんの言う通り、自分自身を鼓舞して試合に臨まないとだめですね!

ハナコさんも体調良くて何よりです。テニスは上を目指せば限りないですけど、趣味でやる分にも楽しめるので気分転換にやれると良いですね~
ゆくゆくはジュニア復帰もできるかも知れないですしね。

2ヶ月のブランク、やっぱり大きいんですね。。。
私も今週の土曜日を最後に年内のテニスはお終いの予定です。来月に2人目が産まれるので嬉しいことで仕方ないものの、最低2ヶ月テニスから離れるのが心配で堪らないです。。。

1ヵ月後の再開、楽しみにしてます!!

返信する
tonpari

monndoraさん

ななななーんとっ!!!おめでとうございます!!!
上のお子さん、そして産まれてくるお子さん・・・奥様のこれからのご苦労を考えると・・・奥様に協力しなくてはですね(^ ^)
奥様とお子さん達の為にテニスをお休みするとはなんて素敵な旦那様なのでしょうか。うちの夫ときたら・・・・・・愚痴になってしまいそうですので言わずにおきます😑
うちの娘の場合、2ヶ月振に軽〜くラリーをした程度で翌日、筋肉痛は勿論の事、腰が痛すぎて直立できませんでしたよ〜
腰をくの字に曲げて歩いてました(笑)
娘がラケットを振っている姿を見ていて、たかが2ヶ月と思っていたのですが、なんか想像以上に大きな時間なんだなと思いました。これがまた、数ヶ月続くとしたら怖いです。
monndoraさんの仰る通り、選手としてやっていく事だけがテニスではないですし、楽しむテニスだって全然良いと思っています。
引き続き、娘がどんな道を選ぶのか楽しみにしていたいと思います!

息子の気持ちの問題、さゆはるさんのご返信にも書いたのですが、少し大人になってきている為今まで考えなかった事を考えてしまうようになったのではないかと思います。
周囲に笑われているんではないかとか、ポイント持っているから負けたら恥ずかしいとか、色々ぐるぐる考えた結果今までした事のないど緊張をしてしまったり。
ポジティブが売りのカツオなだけになんか拍子抜けです。
クラブに帰ってからコーチに「前の大会で対戦した人とまたやる事になって、負けたらどうしようって考えたら緊張が止まらなくなってしまった」って言ったみたいなんです。
今は少しネガティブな思考になってしまっていますが、また少し大人になれば、また違った考え方ができるようになるかもしれませんね(^ ^)

monndoraさん、小休止前のテニス楽しんでくださいね♪
そして再開時には嬉しくても決して張り切りすぎないようご用心ください(^ ^)
くの字の態勢でお仕事に行く羽目になってしまうかもですよ(笑)
なんて冗談はさておき、

無事に元気な赤ちゃんが産まれてくる事を陰ながらお祈りしています。

返信する
かっちん

カツオ君すごいですね!普段頑張ってら成果が出てきてるんですね。
羨ましいです。
うちの息子は頑張ってるのでしょうが、なんのために何を頑張っているのかよくわからない状態で、試合で全く活かせない状況が続いてます(T_T)スクスクすら勝ち上がれません(T_T)
どうすれば変わってくれるかなーと悩む毎日です。
ブログ拝見しながら参考にさせていただきます。
追伸
ハナコちゃん、早く良くなって大好きなテニス再開できると良いですね!
陰ながら祈ってます。
ハナコちゃん、頑張らなくて良いから、治すぞーってまあ向きな気持ちを持ち続けてね!

返信する
tonpari

かっちんさん

初めまして🤗
コメント頂き有難う御座います。
ご返信が遅くなり申し訳ありません(>人<;)

すごく分かります!
練習の成果が試合で見て取れるようになるまで・・・長いですよね💧

テニスが好きだから練習をする→→→勝ちたいから練習をする
に変わってきたら少し変わってくるのかもしれませんよね・・・
でもずっと現状のままって事はないですし、いつかは練習の成果は出てくるのだと思います。
親は長い目でひたすら耐えるのみなのでしんどいですよね〜
いつでもこちらのコメントに愚痴ってください。愚痴りあいましょう!(笑)

ハナコへのお言葉まで頂き有難う御座います。
当ブログは参考になる事はあまりないかと思いますが、
これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(._.)m
(参考にするのに最適なのはやはり野球脳パパさんのブログですよね!)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。