リベンジマーーーーーッチ!

スポンサーリンク

 

とあるクラブとの練習試合が組まれた。

コーチがカツオに「リベンジマッチだぞ!」と。

丁度1年前、そのクラブの同級生に公認大会で負けた。

その時の記事がこちら↓

http://yumewosonotede.com/wp-admin/post.php?post=47&action=edit

このブログも知らない間に1年を経過していた事に気付いた私。

 

カツオが1年でどのくらい成長できたのかがわかるなと思ったので、このリベンジマッチは私もとても楽しみだった。(見には行かないが)

 

当日「絶対に勝ってくるから!」と言って車を降りたカツオ。

 

 

カツオは前回は1−6で負けたと言っていた。

一応確認したところ、0−6だった(笑)

 

 

その相手の子は「〇〇県の子には負けたことがない」と豪語していた。

もちろん〇〇県とはカツオの住む県である。

我が県の弱小ぶりがよくわかる言葉だ。

 

数試合してからカツオとその子がいよいよ対戦。

その子はカツオの事を覚えていてくれたようだ。

 

内容は分からないが結果は6−3で勝利。

 

その子はとても悔しかったのであろう、もう1回やらせて欲しいと・・・

 

再戦

 

結果6−3でまたしても勝利。

 

 

根性見せたねカツオ!

 

 

たまには・・・と帰宅後褒めてあげた。

 

コーチも、「全く問題なく勝ちましたよ〜」と言ってくれた。

でも問題なくというほどのスコアでもないような。

逆にそこそこ競っているスコアなのでは?

 

今回は地域外のクラブとの練習試合。

知らない選手ばかりなのでなかなか新鮮だったようだ。

そして1年間の練習の成果がはっきりと数字で表され成長が確認でき、本人の自信にも繋がったであろう。

 

 

まだありますリベンジマッチ。

 

 

後日またしても別のリベンジマッチがあったのだ。

とある公認大会。

 

半年前に競った末カツオが負けてしまった同級生の選手。

この事も記事に以前書いたな〜

これです↓↓

http://yumewosonotede.com/wp-admin/post.php?post=307&action=edit

 

6ヶ月か・・・もう少し時間が欲しいなーーと勝手に私は思っていた。

 

あの強烈な球怖いな〜反応できるかな〜カツオの腕が逆に曲がっちゃったらどうしよ〜などと私がブツブツ言っていたらカツオが

 

 

「お母さんビビりすぎだろ」

 

 

と一言。

 

それもそうだ。

何故私がビビる。

 

 

試合当日。

 

私は会場には居たのだがタイミング悪く人を探さなくてはならなく、会場内を歩き回っていた為試合を見る事ができなかった。

任務を遂行し終え、さて見るかと思って座ったら帽子を取って握手をするところだった。

 

 

結果は?

 

 

カツオの試合を見ていてくれた同じクラブのご父兄の方が

「6−2だったよー」

と教えてくれた。

 

おー!頑張ったではないか。

 

 

近くに居た相手選手のお父さんとありがとうございましたのご挨拶を交わした。

スポンサーリンク

 

そのお父さんはカツオに向かって

 

「〇〇〇君すごく強くなったね」

 

と笑顔で言ってくれた。(〇〇〇はカツオの苗字)

 

 

その言葉はとても嬉しかったのだが、それ以上にその言葉をカツオに掛けてくれるそのお父さんにとても驚いた。

 

なかなかできない事だと思う。

 

少なくとも私はそういう言葉をカツオが負けた対戦相手に言った事はない。

「次の試合も頑張ってね!」くらいはある。

以前勝った相手と再戦し我が子が負けてしまった・・・悔しいだろうし、落胆もするだろう。なのに相手に褒め言葉を掛けれるなんて。

 

私もそんな器の大きい人になりたいわ〜。

 

 

 

カツオに「試合の内容どうだった?」と聞いてみた。

 

 

「相手のミスが多かったかも。でも最初の方やばいくらい緊張した。」

 

 

「カツオもビビってたんじゃん!!!」と私。

 

 

「そういう事だな」と言ってニヤニヤしていた。

そしてこの選手は、カツオのテニスノートにある”リベンジリスト”にお名前が書かれていた為リベンジ完了の大きな◯と日付が記入されたのだった。

 

(1つ前の選手はカツオがリベンジリストを付け始める前だったので残念ながら◯を付ける事ができなかった)

 

 

まだまだありますリベンジマッチ。

またしても別大会。

 

1年前、2−6で負けた相手。

その時の記事です↓↓

http://yumewosonotede.com/wp-admin/post.php?post=46&action=edit

 

 

 

意気揚々とコートに向かったカツオ。

 

見ていた私は「おー!」「おー!」と感嘆の声を上げていた。

 

数分し(ちょっと大袈裟)、笑顔で意気揚々とカツオは戻ってきた。

 

 

 

「強すぎて歯が立たなかったわ!」

 

 

 

1−6で返り討ち。

内容は実に一方的なものだった。

サンドバッグ状態とはこのことかというほどのフルボッコ。

 

相手選手との差は少しも縮まっていなかった・・・・

でも、全くめげていないところがスゴイ。

気持ちいいほどの負けだったからだろうか。

 

※ちなみに、私があげていた感嘆の声は相手選手のプレーに対するものです

 

この対戦相手はカツオが試合に出始めた頃からの憧れの選手で、すごいなーすごいなーと長い事ずっと見続けてきた。

最近、自分のプレースタイルはこれで良いのか、もう少しつなぐテニスをした方が勝てるのではないかと考えていたカツオは、この選手と改めて試合をして「やっぱり俺は今のスタイルでいくわ」と決意した。

 

カツオは今のままのスタイルで成長をしていけたらこの選手のようになれるのではと思ったようだ。

 

つなぐテニスより攻撃的なテニスをしたいカツオ、いつの日かカツオが憧れるこの選手に近づける日が来る事を願う母なのである。

 

 

 

 

 

1ヶ月の間に3つのリベンジマッチがあった超レアなケース。

成功するしない問わず

カツオは、おかわりが欲しいくらいリベンジマッチが大好物だ。

 

 

 

 

おわり

4 Comments

さゆはる

すごいなー、カツオくん!
リベンジできると気持ちいいですよね。

ウチの息子のリベンジは、なかなか果たされません。
そろそろ勝てるんじゃない⁉︎と思って試合に挑むも、何度も何度も撥ね退けられます。
こっちが強くなってる分、相手だって強くなってるんですよね。
でもまぁ、その「勝ちたい相手」は県内ナンバー1とナンバー2なので、
そりゃ、難しいわなぁ・・・。
リベンジはいつの日になることやら・・・。

返信する
tonpari

さゆはるさん

負けた相手との再戦は燃えるみたいです。
そして勝った事のある相手との再戦は緊張するみたいです(ーー;)

カツオも県上位の子には勝った事がなく、そろそろ勝てるのではと考えていると大会で会い、試合しているのを見て
まだまだだな・・・・と肩を落とすパターンです。春の再戦までにはなんとか追いつきたいところです。
ホントみんな一生懸命練習してますもんね。
男の子は、かなわない相手がいる方がモチベーションが上がるようですし、負ける事もまんざら悪い事ではなさそうですね(^ ^)
お互いそう思いましょう!!!(笑)

返信する
匿名

カツオくん、リベンジ凄いですね!日程的なレア度もさることながら、1人目の子や2人目の子は1年や半年前に勝てなかった子に勝てているのはとっても凄いことだと思いますし、本当にカツオ君の努力の賜物だと思います!しかも緊張しながらも結果につなげるっていうところはメンタルの充実ぶりも窺えますし、ますます今後が楽しみですね!
私からすると本当に羨ましい限りです(^_^)うちのも早くカツオくんみたいにライバルというか、次こそはあの子に、いつかはあの子に!って感じでモチベーションを燃やして試合するところを見たいです(^_^)うちもカツオ君をお手本にテニスノートのこと息子に話してみます!

返信する
tonpari

saladsportsさん

お名前がなかったのでどなたかな?っと思ってました(笑)

リベンジできても、また他の子に負けて・・・と、リベンジしたい相手は増える一方なんです。
本日も負けてボロ雑巾のようになってましたので、またリベンジしたい相手が増えました(・_・;終わりは有りません。
試合後早々にボロボロのテニスノートに何やら書いてました。

リベンジリストは置いておいても、テニスノートは書くといいみたいですね。
カツオは練習の事はあまり書きませんが、試合の事は毎回書いているようです。
誰かに見せる事を前提にすると体裁の良い事を書いてしまいがちですが、
うちの息子はコーチにさえ絶対見せずコソコソと書いていますので本音というか、自分の言葉で飾る事なく反省や悔しさなどを書き殴っています。
私はコッソリ見たりしているのですが、先日それがバレてとても嫌な顔をされましたー(笑)

テニスノート、オススメです!
でもカツオをお手本に・・・・はオススメできません(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。