恩恵に与る

スポンサーリンク

 

早速、”ラッキー県”の恩恵に与る事となった。

 

先日、エントリーしていた公認大会のドローが出た。

選抜ジュニアで、上の大会に出るまではいかなかったが

そこそこ上位に食い込んだカツオはポイントが少し増えていた。

 

その公認大会のドローでは人生初の本戦イン(県大会を除く)となっていたのだ。

 

「俺なんかがここに居ていいのかな〜」

 

などと珍しく謙虚な言を言っていた。

いつの間にかそんな事も言えるようになったのか。

 

でもそのドローは本戦に名前があること以外に、

もう1つカツオをとても興奮させるものがあった。

 

カツオの学年で、地域で超上位にいる選手とドロー番号が近かったのだ。

スポンサーリンク

カツオの中では超ビッグネーム。

1回戦勝てば対戦できる!!

カツオは今回、何が何でもその選手と戦ってみたいと興奮している。

このチャンスを逃すと次にいつ対戦できるか分からないからだ。

楽しみで楽しみで仕方の無い様子。

 

これは是非戦わせてあげたい。

どれだけ強いのか。

どれだけ差があるのか。

 

私も楽しみなのだ。

 

でも忘れてはいけない。

1回戦を勝たなければ対戦できないのだ。

 

さあ、根性見せてもらおう。

 

 

おっと・・その前に小学生大会だ。

今回は1シードと山が違うので、ドローは悪く無い。

 

全力で応援するぞ。

 

 

 

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。