「上手い」と「強い」は別物だと思った話

スポンサーリンク

もう100回位はこのブログで言っているかもしれないが

 

 

カツオは弱い。

 

 

だけど、決して下手な訳ではないと客観的に見て思う。

 

下手ではないのになぜ弱いのか・・・

テニスというスポーツの難しいところなのかもしれない。

 

 

フォームが超個性的でも勝つ子。

とても上手に見えるのに負けてしまう子。

 素人の私には理解が難しい。

「上手い」と「強い」はイコールだと思ってしまう。

 

 

 

カツオは比較的器用な方である。

なんでもそつなく器用にこなす。

フォームも悪くない。(と思う)

器用な子の代名詞(?)「小技」なんかも大好物だ。

 

 

 

だけど弱いのだ。

 なかなか勝ち上がれない。

どうしても予選を通過することができない。

 

 

 

 

勝負の世界は結果が全て

 

 

 

勝負の世界にいる以上、結果が出せなければ

どれだけたくさん練習しても評価される事は無い。

評価されたい為にしているテニスではないが、

勝ち負けは付いて回る。

 

 

 

 

少し前の話になるが、

とある大きな大会を見に行った時の事。

とても変わった子を試合会場で見かけた。

 

 

確か中学1年生だったと思う。

 

フォアハンドが両手打ち。

両手でフォアハンドを打つメリットは「パワーの増大」なのだろうと思う。

ショットの正確さも増すのだろうか。 

 

だがその男の子、球は両手で打つわりには早くない。

フォームもフォア、バック共にぎこちない。

まだテニスを始めたばかりなのかなって思う。

スポンサーリンク

球のスピードはカツオの方が多分、早い。

 

 

サーブはフワフワ。

中学生の打つ球とはとても思えないほど緩やかな打球。

サーブのフォームはまるで初心者のよう。

これまたカツオの方が早いしフォームもキレイだ。

 

 

大きな大会であるが故、彼1人だけ、だいぶ様子が違うなと感じた。

( ↑ ↑ 控えめな言い回しをしてみた。↑ ↑ )

 

 

 

だが、この選手

 

 

 

めちゃめちゃ強かった。

 

 

 

 

 

 いわゆるシコラーだ。

 

私はここまでのシコラーを見たのは初めてだ。

驚きと賞賛。

カツオも一緒に見ていたのだが、とても興奮していた。

 

 

彼を知らない誰もが、

彼を見たら「テニス経験が浅い子」と思うであろう。

 

私もそう思った。

 

 

 でもそうではなかったのだ。

 

強豪どころを次々と破り

サクサクと勝ち上がって行った。

 

結局は負けてしまったのだが

 

 

本当に素晴らしかった。

 

 

 

カツオも「上手い」と「強い」の違いをこの時知った。

 

 

やはり、「上手い選手」より「強い選手」の方が絶対良い。

 

 

 

 

後々聞いた話だが、

彼、ある大きなビッグタイトルを獲っている選手だった。

 

 

 

 

強いわけだ。

 

 

 

 

もう1つ。

 

この選手、

とても礼儀正しいという点でも非常に印象的だった。

 

 

 

 

  

また試合を見てみたい選手No.1だ。

 

 

 

 

おわり。

2 Comments

irimichidesu

両手フォアでシコラー、私もその子もしかしたら見たことがあるかも。去年のとある大会でレゴがすごい人がいるってびっくりしてました。男子で両手フォアは珍しいのに、さらにシコり方がすごかった。両手だとボールの届く範囲が狭くなるのに、どんな球でも返していたのでびっくりしました。相手はみんな強いボールを打ち込んでいくのですが、両手だからかしっかりコントロールして返せてるんです。で、相手はどんどん打ち込んでいって自滅していく。その大会でも決勝まで行ってました。もしかしたら違う子かもしれませんが・・・
確かに強い子と上手な子は違いますよね。ただ、レゴのコーチが言っていました。小学生のうちは上手な子が強いとは限らない。我慢強く頭の使える子が強い。でも身体が成長する中学・高校になるとやっぱり上手な子が強くなる。この言葉を信じてやっています。まあ、小学生でも上手で我慢強く頭が使える子はずっと強いままなのでしょうけど・・・
ちなみにコーチに、所属クラブの全国行っているお兄様やお姉様達はみんな小学生の頃から関東や全国行ってますよね、と言うと笑ってごまかしていました。結局、強いに越したことはないですね。

返信する
tonpari

ホントですか?!
両手フォアでシコラー、且つ、強い。
そうそう当てはまるキワードじゃないですよね(^^)もしかしたら同じ選手かもしれませんね。ちなみに私が見た選手は確か関東の子ではなかった気がします・・・🤔
彼を見るまで「シコラー」って褒め言葉には使えないと思ってました。
でもシコラーは極めると本当にスゴイんですね(^^)
確かに小学生の時強い子は中学や高校行ってもやはり強い、これは紛れもない真実ですよね。そこでカツオのようなヘナチョコがその子達に追いつき、そして追い越すにはどうしたらいいのか・・・。そしてそれは本当に現実的に可能なのか・・・。
悩ましいです。
我慢強く頭の使える子。
全くその通りだと思います。カツオは見事に当てはまりません😐大器晩成を信じ、精進あるのみです(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。